日本語ドメインとは?

日本語ドメインの仕組みやメリット及びデメリットについて解説いたします。


はじめに



こんにちは、やまてつです。


今回は、

「日本語ドメイン」

についてご説明したいと思います。



目次


  • 日本語ドメインについて
  • 日本語ドメインが世界で利用できる仕組み
  • 日本語ドメインのメリット
  • 日本語ドメインのデメリット
  • 日本語ドメインがSEO的に強くなる条件は?
  • 日本語ドメインは今後どうなる?


日本語ドメインについて


日本語ドメインとは、その名の通り、
日本語表記のドメインになります。


一般的なドメインというと、
私がこのサイトで利用している、

「yamatetu01.com」

というような、
英数字記号表記のものが主流となっています。


しかし、最近では

「やまてつ.com」

というように、日本語表記されたものが
多く使用されるようになりました。


日本語ドメインが世界で利用できる仕組み


この日本語ドメインは、Punycode(ピュニコード)というものに
変換される仕組みになっており、日本語文化圏以外の地域でも
使用できるようになっています。


「やまてつ.com」をPunycode変換すると、
以下のようになります。

変換前:やまてつ.com

変換後:xn--k9jd5exa.com


このおかげで、英語圏などでも使用できるわけです。

※Punycodeへの変換には、以下のサイトなどを
ご利用いただければ確認することができます。

http://punycode.jp/


日本語ドメインのメリット


さて、気になる日本語ドメインのメリットは何かというと、

  1. 日本語表記のため、どのような内容のサイトであるかが一目瞭然である。

  2. 例.
    「おちゃが一番.com」であれば、お茶を扱っているのでは?と推測できる。


  3. 検索キーワードによっては、検索結果が簡単に上位表示されることがある。

  4. 例.
    検索で、「おちゃ 一番」と検索すると、検索結果で上位に表示される可能性が高い
ということがあります。


日本語ドメインのデメリット


一方、もちろんデメリットもあります。

  1. 他の内容のサイトへの使い回しがしにくい。

  2. 例.
    「お茶が一番.com」をガンダムのプラモデル紹介サイトの運営には
    名前が異なりすぎて使いづらい


  3. Punycode表記ではURLが長くなるのと意味不明になり扱いづらい

  4. 例.
    「お茶が一番.com」を変換すると、「xn--t8je629tf58aroo.com」となり、
    長いだけではなく、日本語では何だったのかがわかりにくい。


  5. 検索キーワードの順番が異なるだけで、上位には検索されなくなる。

  6. 例.
    検索で、「おちゃ 一番」であれば上位表示されたのに、
    「一番 おちゃ」と逆になると、全く検索上位に表示されない。
という点があげられるでしょう。


日本語ドメインがSEO的に強くなる条件は?


なんといっても、多くのアフィリエイターが
この日本語ドメインを利用する最大のメリットは、

「検索キーワードと日本語ドメインが完全一致した場合」

に、高いSEO効果を発揮することです。

※「SEO」についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

「SEOとは?」


ちなみに、例で示した通り、検索キーワードと全く一致しないと、
このSEO効果はありませんのでご注意くださいね。


日本語ドメインは今後どうなる?


しかし、この日本語ドメインのSEO的優位性は、恐らく近いうちに
Googleの検索アルゴリズムが変更されて現在のようなメリットは
なくなると想像されます。


とはいえ、現時点では、検索キーワードと一致さえすれば、
ある程度のSEO効果があるということは間違いありません。


もし、あなたがアフィリエイトで特定の商品などのサイトを作成する際に
戦略的に利用すれば、検索結果で上位表示できるかもしれませんので
日本語ドメインの特徴を覚えておいてくださいね。




コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ