Matomo(旧Piwik)のインストール及びトラッキングタグの設置方法

Matomo(旧Piwik)のインストール方法及びトラッキングタグのサイトへの設置方法について解説いたします。

はじめに

多機能アクセス解析ツールの代表格である「Google Analytics」の代わりにログ解析をするといわれているのが、今回ご説明する

「Matomo(旧Piwik)」

になります。

特徴としては以下の点が挙げられます。

  • 手元にログがデータベースとして残る
  • リアルタイムなアクセス解析が出来る
  • アクセス解析結果を確認するアプリケーションがスマートフォンで用意されている

2018年1月11日にPiwikの名称からMatomoに変更となりました。

しかし、基本的にはPiwikの機能がそのままになっていますので、下記に示すPiwikのインストール方法やトラッキングタグやレポート作成についての方法は同一となります。

以下に、Matomo(旧Piwik)のインストール方法及びトラッキングタグのサイトへの設置方法についてご説明したいと思います。

事前準備

Piwikの設置には以下の環境が必要になりますので事前に確認しておいてください。

  1. PHPが動作すること
  2. MySQLが動作すること

今回の説明では、「さくらのレンタルサーバースタンダードプラン」及び「エックスサーバー X10プラン」のサーバー上にPiwikを設置する場合を例にご説明いたします。

Piwikのダウンロード及びフォルダのサーバーへのアップロード方法

Piwikのインストール用ファイルのダウンロード及びPiwikを設置するサーバーへのアップロードについてご説明いたします。

Piwikのインストール用ファイルをダウンロードするため、以下のURLにアクセスしてください。

「Piwik」

サイトにアクセスすると、以下の様な画面が表示されますので赤枠で囲まれた部分をクリックしてください。

piwik052

続いて、ファイルのダウンロードを行うため赤枠で囲まれた部分をクリックしてください。

piwik053

ダウンロードが開始されますので、「ファイルを保存する」を選択し、「OK」ボタンをクリックしてください。

ダウンロードファイルはデスクトップなどのわかりやすい位置に保存してください。

piwik003

デスクトップに保存した場合、以下の様なZIPファイルが保存されます。

piwik060

このZIPファイルを解凍をして展開してください。

piwik060-1

展開されたフォルダの中を確認すると、以下の様な構成になっています。

このフォルダの中にあるpiwikフォルダをサーバーにアップロードします。

piwik006

フォルダをアップロードするためにFFFTPを起動してサーバーへ接続し、先ほどダウンロードしたPiwikのフォルダをローカル側に設定してください。

設定が完了しましたら、サーバー上にpiwikフォルダをアップロードします。

Piwikフォルダのアップロード場所は、Piwikを稼働させたいドメインの直下に設置をしてください。


http://xxxx/piwik/

※xxxxの部分にはpiwikフォルダを設置したいドメイン名が入ります。


piwik007

アップロードが完了したことを確認します。

piwik008

以上で、サーバー上にデータを設置する作業は完了です。

Piwik用データベースの作成方法

ログデータを保存するために必要となるデータベースを作成します。

Piwikをエックスサーバーで設置する場合と、さくらサーバーで設置する場合のそれぞれのデータベースの作成方法をご紹介します。

エックスサーバーの場合

エックスサーバーにPiwik用のデータベースを作成する方法について説明します。

データベースの新規作成

エックスサーバーの管理画面にログインし、サーバーパネルの中にある「MySQL5設定」をクリックして下さい。

piwik039

データベースの一覧が表示されます。

データベースを作成するために「MySQLの追加」をクリックして下さい。

piwik040

MySQLデータベースの情報を入力する画面が表示されます。

  • MySQLデータベース名:
  • Piwikで使用することがわかる名前を英文字で入力して下さい。(例.piwik)

  • 文字コード:
  • 「EUC-JP」を選択して下さい。

入力が完了後、「MySQLの追加(確認)」ボタンをクリックしてください。

piwik041

確認画面が表示されますので内容を確認後、「MySQLの追加(確定)」ボタンをクリックしてください。

piwik042

以上で、Piwik用のデータベース作成作業は完了です。

データベースユーザーの新規作成

データベースが作成されたことを示す画面が表示されますので、「MySQLの一覧」をクリックして下さい。

piwik043

データベースにユーザーを設定する必要がありますので、「MySQLユーザーの追加」をクリックして下さい。

piwik044

データベースのユーザーに関する以下の情報を入力します。

  • MySQLユーザID:
  • Piwik用データベースを管理することがわかるユーザIDを英数字で入力します。(例.piwik)

  • ホスト名:
  • デフォルト設定のままでかまいません。

  • パスワード:
  • ユーザID用のパスワードを入力して下さい。

入力の完了後、「MySQLユーザの追加(確認)」ボタンをクリックしてください。

piwik045

内容を確認し、「MySQLユーザの追加(確定)」ボタンをクリックしてください。

piwik046

以上で、データベースユーザーの新規作成作業は完了です。

データベースへのユーザー追加

作成したデータベースにユーザーを設定するため、「MySQL一覧」をクリックして下さい。

piwik047

Piwik用のデータベースにユーザーを追加するためユーザーを選択後、「追加」ボタンをクリックしてください。

piwik048

追加が完了したことを示す画面が表示されますので、正しく設定がされているかを確認するため、「MySQLの一覧」をクリックして下さい。

piwik049

データベースにユーザー設定が行われていることを確認します。

piwik050

以上で、データベースにユーザーを設定する作業は完了です。

さくらサーバーの場合

さくらサーバーにPiwik用のデータベースを作成する方法について説明します。

さくらサーバーの管理画面にログインし、「データベースの設定」をクリックしてください。

piwik009

「データベースの新規作成」をクリックしてください。

piwik010

「データベース名」にわかりやすい名前を入力してください。(例.piwik)

入力が完了しましたら、「データベースを作成する」ボタンをクリックしてください。

piwik011

無事にデータベースが作成されると、以下の図のように一覧に表示されます。

piwik012

以上で、データベースの作成作業は完了です。

PHPのバージョンアップ方法

Piwikをインストールする際に、PHPのバージョンが古いためにインストールエラーが発生することがあります。そこで、PHPを新しいバージョンに変更しておきましょう。

なお、バージョンアップを行う際には各社で推奨しているバージョンを選択するようにして下さい。

エックスサーバーの場合

サーバーパネルを表示し、Piwikをインストールする予定のドメインを設定します。

設定後、「PHP Ver.切替」をクリックして下さい。

piwik061

変更後のバージョンを現状よりも新しいバージョンを選択し、「バージョンを切り替える」ボタンをクリックしてください。

piwik062

バージョンアップが完了したことを示す画面が表示されます。

piwik063

以上で、エックスサーバーでのPHPのバージョンアップ作業は完了です。

さくらサーバーの場合

管理画面にログインし、「PHPのバージョン選択」をクリックして下さい。

piwik079

新しいバージョンのPHPを選択し、「変更」ボタンをクリックしてください。

piwik080

以上で、さくらサーバーでのPHPのバージョンアップ作業は完了です。

Piwikのインストール方法

作成したデータベース上にpiwikをインストールする作業を行います。

ブラウザを開き、以下のようにURLを入力してください。


「http://xxxx/piwik/index.php?」

※xxxxの部分にはpiwikフォルダを設置したドメインをご指定ください。


piwik013

正しくアクセスが出来ましたら、以下の図のようにインストール画面が表示されますので、「次へ」ボタンをクリックしてください。

piwik064

システムの確認画面が表示されますので、特に問題がなければ、「次へ」ボタンをクリックしてください。

piwik065

データベースのセットアップ画面が表示されます。

  • データベースサーバー:
  • サーバーで指定されているサーバー名を入力します。

  • ログイン名:
  • データベース作成時に設定したログイン名を入力します。

  • パスワード:
  • データベース作成時に設定したパスワードを入力します。

  • データベース名:
  • Piwik用に作成したデータベース名を入力します。

  • テーブルプレフィックス:
  • 「piwik_」と入力してください。

  • アダプタ:
  • デフォルト設定のままで問題ありません。

すべての項目の入力の完了後、「次へ」ボタンをクリックしてください。

piwik066

テーブルの作成が完了したことを示す画面が表示されますので、「次へ」ボタンをクリックしてください。

piwik067

続いて、管理画面のログインする際に必要となるスーパーユーザーの情報を入力します。

  • スーパーユーザーのログイン:
  • 任意のログイン名を入力してください。

  • パスワード:
  • 任意のパスワードを入力して下さい。

  • メールアドレス:
  • Piwikの管理用として使用するメールアドレスを入力してください。

入力が完了しましたら、「次へ」ボタンをクリックしてください。

piwik068

アクセス解析を行いたいサイトの情報を入力します。

  • ウェブサイトの名前:
  • 解析対象とするサイトの名前を入力します。

  • ウェブサイトのURL:
  • 解析対象とするサイトのURLを入力します。

  • ウェブサイトのタイムゾーン:
  • 「Tokyo」と設定してください。

  • eコマース:
  • ご自分の解析対象とするサイトの状況に応じて設定してください。

入力が完了しましたら、「次へ」ボタンをクリックしてください。

piwik069

続いて、アクセス解析を行うサイトに設置するためのトラッキングタグが表示されますので、赤枠で囲まれた部分をコピーしてください。

コピーしたデータは、メモ帳などに保存しておいてください。

トラッキングタグのデータ保存が完了しましたら、「次へ」ボタンをクリックしてください。

piwik070

インストール完了の画面が表示されます。

「Piwikを続ける」ボタンをクリックしてください。

piwik071

Piwikの管理画面にログインするための画面が表示されますのでIDとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックしてください。

piwik072

無事ログインが完了すると、以下の様な管理画面が表示されます。

piwik073

以上で、Piwikのインストール作業は完了です。

Piwikのトラッキングタグの設置方法

続いて、アクセス解析データを取得するために必要となるトラッキングタグをサイト上に設定します。

タグのサイトへの設置方法に関しては、以下の記事を参考にして作業を行って下さい。

アクセス解析ツールの解析用タグをサイトに設置する方法

レポートの作成及び配信スケジュールの設定方法

Piwikはあまりにも多機能であるため、管理画面上ですべての機能を確認することが困難です。

そこで、すべての機能を網羅した形でレポート配信してあげましょう。これにより、自分が必要とする機能を取捨選択することが可能になります。

また、管理画面上ではわかりづらい部分もレポートとして出力することで綿密なアクセス解析を行うことが可能となります。

レポート作成事例の条件

レポートの設定については、以下の条件で今回は作成します。

  • 管理用メールアドレスにPDF形式で毎日配信
  • メールでのレポート配信時間は9:00に設定
  • Piwikの機能を全て出力できるように設定

レポートに関する設定作業

まず、管理画面にログインして下さい。

ログイン後、レポートを作成したいサイトを選択してください。(例.yamatetu01.com)

サイトの選択後、管理画面の右側にある管理者設定部分をクリックして下さい。

piwik074

プルダウンメニューの中にある、「メールリポート」を選択して下さい。

piwik075

レポートを作成するため、「リポートの作成とスケジュール 」をクリックして下さい。

piwik076

以下の画面のように設定を行います。

設定が完了しましたら、「リポートの作成」ボタンをクリックしてください。

piwik077

レポートの作成作業が完了すると、レポート一覧に表示されます。

piwik078

以上で、レポートの作成及びスケジュールの設定作業は完了です。

まとめ

正しく設定が行われていると、毎日9:00に設定したメールアドレスに対してPDF形式のレポートが配信されるようになります。

配信されたレポートの内容を確認し、不要と思われる機能についてはレポートの管理画面の「リポートに含める情報」の一覧からチェックを外して必要と思われる情報だけが含まれるように設定変更を行って下さい。

Piwik3へのバージョンアップ時の注意点(さくらインターネット利用時)

2016年12月にPiwikが3へバージョンアップされました。

しかし、さくらインターネットを利用している場合にはバージョンアップ後にブラウザに画面が表示されない場合があります。

その際には、piwikをインストールしたフォルダの直下にあるpluginsフォルダを開き、そのフォルダ内にある.htaccessファイルを編集して下さい。

編集箇所は.htaccessファイルの下の位置にある、

Options -Indexes

Options -Indexes

の記述を、以下のように#をつけてコメントアウトすることでブラウザ表示させることが出来ます。

# Options -Indexes

# Options -Indexes

.htaccessファイル修正する場合には、FFFTPなどのFTPアプリケーションを利用してデスクトップにファイルをダウンロード後、テキストなどでファイルを開いて修正して上書き保存をしてください。

修正後は.htaccessファイル再度FFFTPなどでアップロードして上書きすることで作業は完了となります。

コメントを残す

*

  • アクセス解析ツールの解析用タグをサイトに設置する方法
  • 忍者アクセス解析の特徴を活かした利用環境と設定方法
  • Matomo(旧Piwik)のインストール及びトラッキングタグの設置方法
  • Google Analyticsアクセス解析ツールの設置方法
  • i2iアクセス解析ツールの設置方法
  • 忍者アナライズ(アクセス解析ツール)の設置