ネットビジネスによって「不自由人」からの卒業

ネットビジネスを通して不自由な生活から脱却する方法を金持ち父さん貧乏父さんの事例を通して解説いたします。

はじめに


10年以上前に、ロバート・キヨサキさんが書いた


「金持ち父さん貧乏父さん」


という本がブームになったことがあります。


私も当時、ブームにつられてこの本を読んだのですが、今改めて内容を振り返ると働き方について大変重要なことが書かれていることを再認識させられました。


それは、働き方は大きく分けて4つに分けられるというものです。


以下に、ネットビジネスを通しての働き方の分類についてご説明したいと思います。


働き方の4分類


以下に、4つの働き方についての詳細をご説明します。


従業員


これは、多くの人達が属している働き方になります。


会社員や公務員などの給与をもらう体系を表します。


組織に属して、自分の時間を渡す代わりに収入を得るという働き方です。


自営業者


これは、魚屋さんなどのお店の店主や開業医などが当てはまります。


自分で仕事を見つけて自分で収入を得るという働き方です。


ビジネスオーナー


ビジネスを所有し、そこから収入を得ている人のことです。


優秀な経営者を雇い、会社をその人に経営させて収入を得る働き方です。


投資家


自分のお金をビジネスオーナーや市場に投資して、配当などで報酬を得るという働き方です。


実は世の中の多くの人たちが「不自由人」


この本の中では、「従業員」と「自営業者」のことを、「不自由人」と定義しています。


一方、「ビジネスオーナー」と「投資家」のことを、「自由人」と定義しています。


図で表すと、以下のようになります。


kanemochi


このことからも世の中の多くの人の働き方が、「不自由人」であることがわかります。


その中でも特に、一般的に「従業員」として働いている人がほとんどです。


ご存知の通り、「従業員」は、勤務時間という名の時間的制約があり、さらにはある程度固定のような収入になってしまいます。


つまり、時間的制約と金銭的制約を受けているのです。


ネットビジネスの登場で状況が一変


これを見ると、多くの人が、自由人である「ビジネスオーナー」や「投資家」になりたいと考えます。


しかし、当然ではありますが、「ビジネスオーナー」や「投資家」には簡単にはなれません。


では、あなたは不自由人として一生を過ごしていくしかないのでしょうか?


いいえ、そんなことはありません。


なぜならば、ネットビジネスを活用することで、この常識を覆すことが可能になったからです。


それは、「従業員」の地位でネットビジネスを行えば、給与以外の収入の柱ができるため、今よりも収入を多くすることができます。
(金銭的制約の解消)


10年以上前であれば、ネットビジネスという働き方がそれほど浸透していなかったので、従業員は不自由人という扱いでしたが、今ではそんなことはなくなりました。


もちろん、ネットビジネスを軌道に乗せるまでにはどうしても自分の力で作業を行なって、稼ぐという経験を積む必要があるため、ある程度の時間的制約は発生してしまいます。


しかし、ネットビジネスを継続していれば、必ずや時間的制約からも逃れることが可能となります。
(時間的制約の解消)


あなたにもぜひ、ネットビジネスを実践することで、従業員と言う名の「自由人」を目指して欲しいと思います。


参考


今回ご紹介しました「金持ち父さん貧乏父さん」の詳細については以下のサイトをご覧ください。








コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ