「プログラマー学校」は不遇な扱いから抜け出すためのスキルを学べます

プログラマー学校に参加することで雇われることによる不遇な環境を抜け出すことが可能であるということについてご説明したいと思います。

IT企業のサラリーマンだった


私はサラリーマン時代のほとんどの期間を、IT企業で過ごして来ました。


IT企業も建設業界のように、大手ゼネコンのような巨大企業から、下請けをする小さい企業までさまざまあります。


そんな中、私はある大手のIT企業に勤めていた時期がありました。


仕事のほとんどがシステム開発をするための工数管理やお客様との折衝作業がメインでした。


実はあまりITのスキルがないIT企業の社員


私自身は社内の情報システム運用部門にもいたため、ある程度のITやプログラムに関する知識を身に付ける機会がありました。


しかし、私が在籍していたこの大手IT企業の社員の多くは、システム運用などに携わることがないため、実はあまりITスキルに詳しくないというのが実情でした。


世間一般には、IT企業の社員であればITやプログラムに関するスキルがものすごく高いというイメージを持たれています。


ところが、現実にはスキルは大して高くない人が多くいるのです。


給料の額はITスキルに関係ないという現実


このようにITやプログラムのスキルがほとんどないにもかかわらず、大手のIT企業の社員は高額の給料をもらっています。


逆に、ITやプログラムのスキルがものすごく高い人の方が、大手のIT企業の下請けとして安い単価で働かされるという現象が起きています。


私自身もある程度のプログラムスキルは持っていますが、一緒に仕事をした下請けの社員の方々の方が、はるかにレベルが上でした。


それなのに、下請けという身分のせいで、安い給料で働かされていたのです。


プログラマーへの不遇な扱いへの疑問


当時から、なんでこんなにプログラムスキルが高くて優秀なのに、下請けと言う立場にいるというだけで、このような不遇な扱いを受けるのだろうかと理不尽に感じていました。


これは、特にプログラムスキルに関して日本では、


「誰が作っても同じである」


という扱いをされているからなのです。


そのため、たとえどんなにプログラムスキルが高くともあまり評価を受けないという厳しい現状があります。


人件費の高騰と経費の抑制


さらに最近では、日本人のプログラマーの人件費高騰が問題となり、人件費削減のため、中国やインドのプログラマーを多く使うようになりました。


この煽りを受け、日本の下請会社は更なるコストダウンを図り、プログラマーの給料がもっと低くなるという悪循環に陥っています。


残念ではありますが、今後もこの状態は続くでことでしょう。


優秀な能力があるにもかかわらず、会社組織に所属しているというだけで、不遇な扱いを受けているのです。


これからのプログラマーに必要なスキル


私としてはプログラマーがこのような状況から逃れるために必要なのは


「作るだけのスキルだけではなく作ったものを売るためのスキル」


を身につけることだと思っています。


売るためのスキルを学ぶためには?


多くのプログラマーは、作ることが出来てもそれを売るための知識は持ちあわせていません。


もし、今あなたがプログラムは作れるけれども、理想とする収入を得られていないと悩んでいるのであれば、


「プログラマー学校」


で作ったものを売ってお金を稼ぐための知識を得て欲しいと思います。


これからは、会社に所属しているだけでは安定した生活を送ることは難しくなると予想されます。


そのリスクを回避するためにも、自分で作ったものでお金を稼ぐというスキルは身につけておく必要があると思います。


プログラマー学校の概要


この講座自体は、6ヶ月間の月額制となっていてプログラムの作り方から作成したプログラムの売り方までの一連のフローを学ぶことが出来ます。


もしあなたがプログラマーとしての現状に不満を持っているのであれば、この講座を受講して自分のスキルでお金を稼ぐための知識を習得してください。


きちんとこの講座で学んだことを実践すれば、不遇な状況から抜け出せるようになれるはずですので。


購入者への特典


なお、私からこの講座にお申込みいただいた方には、プログラマーがよく利用する、


「独習C#」


をプレゼントいたします。(約4000円相当)




このテキストを使って、あなたのスキルを開花させて欲しいと思います。


→「プログラマー学校の詳細はこちら」(販売は終了しました)





コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ