アフィリエイターの約8割が月収1000円未満という現実をどうとらえるか?

月に1000円未満しか稼げないアフィリエイターが全体の約8割という現状に対してどのようなマインドでアフィリエイトに取り組むべきかについてご説明したいと思います。


目次


  • 月収3万円以上が全体の2.4%
  • アフィリエイトで稼ぐためには手間ひまが欠かせない
  • 物事の捉え方次第で稼げるか稼げないかが決まる
  • 稼ぐためには必要なことはあらゆるビジネスで共通
  • アフィリエイトに対しても本業意識を持つ


月収3万円以上が全体の2.4%


日本アフィリエイト協議会というところから、
アフィリエイトに関する報告書が発表されました。


アフィリエイターで月収3万円以上を稼いでいるのが
アンケート回答者全体の2.4%だったそうです。


この数字だけを見ると、稼いでいる人が少なく感じますね。


しかし、調査対象となった人数がわずか500人である
ということを考えると、本当のアフィリエイターの現状を
表しているとは必ずしも言えるとはいえないかもしれません。


アフィリエイトで稼ぐためには手間ひまが欠かせない


とはいえ、アフィリエイトできちんと稼げるようになるには
手間暇が欠かせないということは間違いないと思います。


この日本アフィリエイト協会の報告書の中でも、


「アフィリエイトは楽して簡単に稼げるものではなく、時間や労力をかけ継続して取り組む事で高い成果を得られる」
(引用:日本アフィリエイト協議会 アフィリエイト市場調査2013)



と書かれています。


さらに、報告書では、


「アフィリエイターの約8割が月収1000円未満である」


ということも述べています。


物事の捉え方次第で稼げるか稼げないかが決まる


あなたはこの数字を見て、
どのように感じるでしょうか?


「やはりアフィリエイトは稼げない!」


と思うでしょうか?


それとも、


「アフィリエイトは稼げるチャンスがある!」


と思うでしょうか?


現在アフィリエイトで稼いでいる人の発想は
間違いなく後者の、稼げるチャンスがあるというものです。


この発想はどのビジネスにおいても同じだと思うのですが、
稼げないと思っていては絶対に稼げるようになりません。


稼ぐためには必要なことはあらゆるビジネスで共通


例えば、リアルビジネスの弁護士であっても、ラーメン屋であっても
かならず稼げる人と稼げない人にわかれています。


しかし、その分野で努力をして経験を積み、あきらめずに継続した人が
稼げる人になっていることがほとんどでしょう。


私はアフィリエイトも同様だと思います。


アフィリエイトはネットビジネスであるため、
初期投資もコストもほとんどかかりません。


また、会社のような組織で動く必要もないため、
自分の努力次第で稼げるようになれるという点も
リアルビジネスより有利であると思います。


そういった点を考えても、アフィリエイトは
リアルビジネスよりも遥かに稼げるようになる
チャンスを持ち合わせたビジネスと言えるでしょう。


あなたはすでにアフィリエイトに出会い、
稼げるようになるチャンスを手にしていますので、
まずは、アフィリエイトを継続することから
始めてみてください。


続けてさえいれば、経験も実績も後から付いてきます。


アフィリエイトに対しても本業意識を持つ


片手間で稼ぐという意識のままではなかなか稼げるようには
ならないと思いますので、副業でアフィリエイトをしている場合には、


「会社とアフィリエイトの2つの仕事をしている」


という気持ちで、アフィリエイトに取り組んで欲しいと思います。


その結果あなたは、月収3万円以上を稼ぐ2.4%の
アフィリエイターの中にいつの間にか入っていることになるはずです。


結局、諦めないで続けている人が
稼げるようになるということだと思います。




コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ