新しいことをやる場合には「プラス」の考え方でやりましょう

新しいアフィリエイト手法を実践する際には以前のアフィリエイト手法を継続しながら実践する重要性について解説いたします。


目次


  • アフィリエイト手法はたくさん存在する
  • ついうまい言葉につい乗せられてしまう
  • 思うように稼げないことによる不安感が原因
  • アフィリエイトで稼げない人が多い要因は「容易さ」
  • 今まで費やした時間と労力が無駄になる
  • 新しいアフィリエイト手法にチャレンジする場合の成功ポイント


アフィリエイト手法はたくさん存在する


ご存知かもしれませんが、アフィリエイトには
色々な手法があります。


例をあげると、

  • 「ブログアフィリエイト」
  • 「メルマガアフィリエイト」
  • 「ツイッターアフィリエイト」
  • 「トレンドアフィリエイト」
  • 「サイトアフィリエイト」
  • 「スマフォアフィリエイト」
  • etc…

と、たくさんあります。


正直、しっかりと実践すれば、どの方法であっても
アフィリエイトで稼ぐことができると言えます。


ついうまい言葉につい乗せられてしまう


ですが、アフィリエイトでまだきちんと稼げていない段階では、


「このアフィリエイトが稼ぎやすいらしい」

「この手法だと簡単らしいよ」


というウワサを聞くと、今実践しているアフィリエイト手法をやめて、
新しい稼げそうなアフィリエイト手法に行きがちです。


思うように稼げないことによる不安感が原因


いくら勉強していて、その通りに実践していたとしても、
稼げていない段階では


「この方法で本当に稼げるようになるのかな?」


と疑問を感じてしまいます。


アフィリエイトで稼げない人が多い要因は「容易さ」


アフィリエイトで稼げるようになる段階まで至るのに難しいところは、


「簡単に始められて簡単に辞められる」


という点かも知れません。


ラーメン屋さんなどのリアルビジネスであれば、
初期投資に数百万以上かかりますので、一度店を開いたら、


「意地でも稼いでやる!」


と当然本気で取り組むことでしょう。


ところが、アフィリエイトでは、初期投資もほとんど必要なく
簡単に始められるため、ある程度実践して稼げないと、


「この方法は稼げないからやめよう・・・。」


となってしまうことが多いようです。


そして、また新たなアフィリエイト手法に手を出して。。。


と、続くわけです。


今まで費やした時間と労力が無駄になる


しかし、新たな手法で作業するということは、
今まで時間と労力をかけてきたアフィリエイトを
全て捨て去ってしまうということになります。


すると、その費やした時間と労力は、単なる、


「無駄な時間を過ごしていた」


ということになってしまうのです。


あなたにもぜひ、意識しておいてほしいことは、
どんなアフィリエイト手法でも構わないので、


「結果が出るまであきらめずに続ける」


ということなのです。


新しいアフィリエイト手法にチャレンジする場合の成功ポイント


もし、新しいアフィリエイト手法をどうしても実践したい場合には、
今までやってきたアフィリエイト手法も引き続き継続して実践してください。


今までのアフィリエイト手法をやりつつ、
新しいアフィリエイト手法をやり始めるということです。


そうすれば、今までやってきた手法も、無駄にならないばかりか、
稼ぐための仕組みが継続して構築できて、最終的にはあまり時間を
かけなくて済むようになります。


その段階まで頑張った後に、新しいアフィリエイト手法に
労力と時間を徐々にシフトさせていってください。


このように、従来実践してきたアフィリエイトを継続しつつ、
追加で新しい手法を実践すれば、稼ぐための柱が複数に増えるのです。


つまり、アフィリエイトで稼ぐための柱を「プラス」にするのです。


このようにアフィリエイトを継続して実践していけば、
きちんと稼げるようになります。


恐らく、これからも色々と新しいアフィリエイト手法が
生み出されることでしょう。


しかし、その新しいアフィリエイト手法を実践する場合には、
今までやってきたアフィリエイト手法もやめずに続けてください。


その結果、あなたは稼ぐ仕組みを複数手に入れることができるのです。




コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ