サラリーマン時代に憂鬱だったゴールデンウィークの最終日

サラリーマン時代とネットビジネスで独立してからのゴールデンウィークの最終日における印象の違いについて解説いたします。

サラリーマン時代のゴールデンウィーク


サラリーマンをしていた頃は、ゴールデンウィークが近づくと


「早く休みにならないかな・・・。」


と、指折り数えて心待ちにしていたことを思い出します。


普通サラリーマンをしていると、長期の休みは取りにくいですからね。


そのため、ゴールデンウィークは長く休める絶好の機会といえます。


私の場合は、東京でサラリーマンをしていたので、ゴールデンウィークになると実家の仙台に必ず帰省していました。


帰省後は、地元の友だちと会ったり、実家でのんびりし、東京でのギスギスしたサラリーマン生活を忘れて過ごしたものです。


しかし、ゴールデンウィークの最終日になると、今まで現実逃避していた分東京でのサラリーマン生活に戻ると思うと非常に憂鬱でした。


いわゆる、


「サザエさんシンドローム」


という状態ですね。


当時の私はIT系のよくある


「ブラック企業」


に勤めていたため、本当に会社に行きたくなかったのです。


人間関係も仕事内容も最悪だったので、毎日苦痛の日々でした。


生きていくためとはいえ、サラリーマン生活は罰ゲームのようでしたね。


ネットビジネスで独立後のゴールデンウィーク


しかし、そんな苦痛な日々は今や単なる思い出となりました。


ネットビジネスで独立してからは、平日も休日も関係なくなり自分が好きなときに休めるようになりました。


そのため、今となっては曜日感覚が全くなくなっています。


今日が平日なのか休日なのかすらわからなくなっています。


つまり、


「ゴールデンウィークの有り難みすら感じなくなる」


状態になっているわけです。


また、サラリーマン時代に悩んでいた人間関係に関してもネットビジネスで独立してからは一切困ることがなくなりました。


まとめ


ネットビジネスで独立をした後は、


  • 金銭的自由
  • 時間的自由
  • 精神的自由

を手に入れることができました。


ちなみに、私がこのようなお話をしているのは自慢をしたいからではありません。


そうではなく、ネットビジネスに興味を持って取り組んでいるあなたにも、私のように自由を得て自分らしい生活を実現していただきたいのです。


今まで以上にネットビジネスにのめり込んでもらえれば、必ずや私と同じように自分の望む生活を手にすることが出来るはずだからです。


そのためにはとにかく、現状を打破するために「行動を起こす」しかありません。


行動しなければ決して現状は変わりません。


待っていても変化は起きないからです。


たとえ今年のゴールデンウィークが終わったとしても、あなたの行動次第で


「好きな時にゴールデンウィークにする」


ことが可能なのですから。


ぜひ、本気で取り組んで、自分の望む人生を手に入れて欲しいと思います。


追記


脱サラをして何年か経過し、子供が生まれたこともあり、ゴールデンウィーク時期は必ず実家の仙台に帰省するようになりました。


そのため、ゴールデンウィーク時期に限らず、休みと言えば家族サービスに全てを注力する必要が有るため、サラリーマン時代には思いもよらなかったことですが、ネットビジネスで独立してからは本当に休日が逆に憂鬱になるようになりました。(笑)


もちろん、仕事でのドンヨリとした憂鬱とは異なり、幸せを感じながらの憂鬱ですけれどもね。



コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ