メルマガの迷惑メール判定される要因とメルマガ到達率の向上方法

メルマガの到達率を向上させるための大きな要因とメルマガ到達率の向上に必要なことについて解説いたします。

はじめに

メルマガを発行していると、よく以下の現象が起こります。


  • 「メルマガを配信したのに読者に届いていない」
  • 「迷惑メールボックスにメルマガが入ってしまう」

メルマガを発行している場合には、このような経験をしたことが一度はあるのではないでしょうか。

以下に、メルマガが迷惑メール扱いをされてしまう大きな要因とその解決方法についてご説明したいと思います。

メルマガ配信システムの仕組みに大きな要因がある

ではなぜ、このような現象が起こるのでしょうか。

実は、

「メルマガ配信システムの仕組み」

に大きな要因があるのです。

メルマガは一般的に、メルマガ配信スタンドに契約してメルマガを配信します。

メルマガ配信システムの仕組みは契約する内容や金額により異なるのですが、通常は安価で利用することができる

「共用サーバー」

を利用しているサービスを使ってメルマガ配信をしている場合がほとんどになります。

まさにこの共用サーバーを利用している仕組みこそが、メルマガが届かなかったり、迷惑メールボックスに入ってしまう大きな要因を生み出しているのです。

共用サーバーを利用することで自分もスパムメール配信者扱い

なぜ共用サーバーの仕組みが迷惑メール判定を受ける要因になっているのか不思議に思われたかもしれません。

そもそも、共用サーバーとはその名の通り、多くのメルマガ配信システムを利用しているユーザーと同一のサーバー共用しているということを意味しています。

例えば、自分が利用している共用サーバー上に迷惑メールを配信しているユーザーがいると仮定します。共用サーバー上には迷惑メールなどとは無縁なユーザーがほとんどです。

しかし、特定の迷惑メールを配信するユーザーがこの共用サーバー上に存在していることにより、共用サーバーそのものがYahoo!やGmailなどのメール会社から迷惑メールを配信するサーバーと認定してしまうのです。

さらに厳密に述べるのならば、

「共用サーバーで利用しているIPアドレス」

に対して迷惑メールの配信先として認定してしまうのです。

つまり、

「このメルマガ配信スタンドから配信されているメルマガはスパムメールが多いから迷惑メール扱いにしよう」

と判断してしまうのです。

結果として、この共用サーバーを経由してメルマガを配信している全てのメルマガに対して、迷惑メール扱いをされてしまうということなのです。

最も効果的な迷惑メール回避方法は専用サーバーの活用

それでは、最も効果的にメルマガの到達率を向上させるために効果的な方法は何かというと、

「IPアドレスが自分専用に割り当てられた独自でサーバーを借りてメルマガを発行する」

と言う方法になります。

しかし、この方法の場合であれば多額のサーバーレンタル費用がかかってしまいます。

すでにこれらのコストを賄えるほどの報酬額を得ている方ならこの方法でもよいのですが、一般的なメルマガ配信者ではコストが見合いません。

そのため、どうしても既存の共用サーバーを利用したメルマガ配信システムを利用するしかないのが現状です。

では、どのようにしたら共用サーバーを利用したメルマガ配信サービスにおいても、メルマガの到達率を向上させることができるのでしょうか?

メルマガ内のリンクを短縮URLに置き換える

メルマガを配信する際に多くの外部リンクURLを記載することが場合があると思います。

しかし、これらのメルマガの本文内に記載されている多くのドメインが、実はすでに迷惑メールの対象となっている場合が多いのです。

その例としてあげられるのが、アフィリエイトリンクで利用されているドメインになります。

メルマガ本文内に記載されているドメインがすでに迷惑メールを配信する対象としてメール会社に登録されている場合、メルマガ本文内のそのドメイン名が記述されているだけで迷惑メール判定を受けてしまうからなのです。

このような状況を回避するためには、メルマガ配信サービスで利用できる短縮URL機能を活用して、できるだけ迷惑メール判定を受けているドメインを表示しないようにしましょう。

私が推奨しているエキスパートメールであれば、簡単にメルマガ本文内に記述されているURLを短縮URLに置き換えることが可能です。

短縮URLで利用されているドメインは、メルマガ配信サービスを提供している企業が定期的にドメイン(IPアドレス)を変更することで、迷惑メール判定を受けないように変更をして対策をしているのです。

ただし、短縮URLでの変換設定はURLに対して行われるため、メルマガ本文内に記載されているメールアドレスについては短縮URL設定を行うことができない点には注意が必要です。

無料メールアドレスを利用してメルマガ配信をしない

無料メールであるYahoo!メールやGmailを利用してメルマガ配信をしている方が数多く存在しています。

しかし、この無料メールアドレスを利用してメルマガ配信をすること自体が、現在では迷惑メール扱いを受ける大きな要因ともなっています。

そのため、メルマガ配信をするメールアドレスを設定する場合には、必ず独自ドメインを活用したメールアドレスを利用するようにしましょう。

しかし、独自ドメインを利用するだけでは迷惑メール対策としては不十分であり、独自ドメインに対してSPFレコード設定を行う必要があります。

※SPFレコードの設定方法については以下の記事を参考にして下さい。

「メルマガの到達率を向上させるSPFレコードの設定方法」

このSPFレコード設定を行うことで、無料メールを利用した「なりすまし」行為を回避することが可能となり、迷惑メール判定を受けにくくすることが可能となります。

これにより、上記に記述しましたメルマガ本文内において、短縮URLでメールアドレスを変更できないことによる迷惑メール判定を受けるということへの対応をすることができるようになります。

メルマガ配信頻度

メルマガ配信の頻度があまりにも高過ぎることで、迷惑メール扱いを受けることがあります。

出来る限りメルマガ配信を行う頻度は少なくするように心がけましょう。

目安としては、

「1日に1回」

が理想です。

多くてもメルマガ配信は、1日に2回までにしましょう。

これより多くなることで、メール会社から迷惑メール扱いを受ける可能性が高くなります。

なぜこのようなことを推奨するかというと、多くの無料メール(Yahoo!メール、Gmail等)においては、メルマガ配信されたメールの開封率、購読時間、メルマガ本文のスクロール状況、記述されているURLのクリック率などを自動的にチェックしているためです。

そのため、あまりに頻繁にメルマガ配信をしてしまうと、必然的に開封率、既読時間、スクロール状況、クリック率が低下し、結果として迷惑メール判定を受けやすくなってしまうからなのです。

なお、より詳細なメルマガの配信頻度と配信時間については以下の記事を参考にして下さい。

「メルマガの配信頻度と配信時間」

頻繁に売り込みメルマガを配信したい場合にはSMTP配信を利用する

しかし、メルマガアフィリエイトを実践する場合において、特定の商品を売り込みしたい場合にはどうしても頻繁にメルマガ配信を行いたいという状況が起こります。

その場合には、メルマガ配信サービスで通常利用しているドメイン経由でメルマガ配信を行うと、かなりの確率でメルマガ到達率の低下が発生します。

これを一般的には、

「ドメインの汚染」

と呼びます。

このような状態になると、いままで特に迷惑メール判定を受けていなかったドメインであっても、到達率の低下が発生しやすくなります。

そこで、一時的な対応策として、SMTP配信機能を利用します。

これは、通常のメルマガ配信で活用している経路とは別に、SMTPサーバーを個別に用意して配信する方法になります。

エキスパートメールにおいても、別料金のオプションとはなりますが、SMTP配信機能を利用することが可能です。

この機能により、ある程度の迷惑メール判定を受けやすいメルマガ配信を行いたい場合に、通常活用しているメルマガ配信サービスのドメインを汚染させることなく、メルマガ配信を行うことが可能です。

ただし、SMTPサービスを利用するためには独自にSMTP機能を活用できるレンタルサーバーに契約を行う必要がありますのでご注意下さい。

迷惑メール判定を受けないようにするために解除用URLを明記する

メルマガ読者の多くは無料メールを利用していることがほとんどです。

無料メールでは、非常に簡単に迷惑メール通報をする仕組みが備わっているため、すぐに迷惑メール通報をされる危険性が高くなります。

迷惑メール扱いを受ける大きな要因の一つに、迷惑メール通報されるということがあります。

この迷惑メール通報されるというリスクを低減させるためには、配信するメルマガの本文中のわかりやすい位置に解除用URLを必ず記載するようにして下さい。

理想の位置としては、最低でもメルマガ本文の上部と本文最後の2箇所に設置します。

わかりやすい位置に解除用URLを配置するとすぐにメルマガが解除されてしまうのではないかと思われるかもしれません。

しかし、メルマガを本気で読みたいと思わない読者に何度メルマガを配信したところで結局は読んでもらえません。

むしろ、迷惑メール判定のボタンをクリックされる危険性のほうが高いので、積極的にメルマガを解除してもらうようにしましょう。

メルマガアフィリエイトにおいて、報酬の最大化に必要なことはメルマガ読者の

「数」ではなく「質」

の方が大変重要になります。

まとめ

これまでに、安価で利便性の高い共用サーバーを活用したメルマガ配信サービスにおいての迷惑メール判定を受けにくくする方法についてご説明してきました。

専用サーバー(専用IPアドレス)を活用したメルマガ配信サービスを利用することが最も迷惑メール判定を回避することができますが、コストパフォーマンスを考慮するとどうしても共用サーバーを活用したメルマガ配信サービスを利用する機会が多くなると思います。

そこで、これまでにご紹介した対策を実施し、出来る限り迷惑メール判定を受けにくくする取り組みを行い、メルマガアフィリエイトにおける利益の最大化を図っていただきたいと思います。

コメントを残す

*

  • エキスパートメールが値上げされます
  • 【終了】「エキスパートメール」の配信機能が無料で利用できるようになりました
  • メルマガアフィリエイトで活用する2つのメルマガ配信手法
  • 無料レポートを無料メールフォームを利用して配信する方法
  • メルマガの迷惑メール判定される要因とメルマガ到達率の向上方法
  • メルマガの到達率を向上させるSPFレコードの設定方法