「マズローの5段階欲求」理論に無意識のうちに当てはまっていた

こんにちは、やまてつです。


さて、今回はライティングテクニックの理論の一つである、

「マズローの5段階欲求」

についてお話したいと思います。


あなたは「マズローの5段階欲求」のことを聞いたことはあるでしょうか?


マズローさんは人間の欲求には、大きく分けて5つの段階があると述べています。


それぞれ、


  • 生理的欲求

  • 安全の欲求

  • 親和の欲求

  • 自我の欲求

  • 自己実現欲求

と定義されています。


それぞれを詳しく見てみましょう。



生理的欲求



まず、第一段階の「生理的欲求」ですが、これは、

「生きるか、死ぬか」

といった、生死に関わる欲求のことを表します。


砂漠で、喉がカラカラで、水が飲みたくてしょうがない状況のときに
この欲求が当てはまりますね。



安全の欲求



第二段階の「安全の欲求」ですが、これは、

「身を守るための方法を身につけたい」

といった、自分や家族を守りたいという欲求になります。


これは、金銭的な保全を図るという意味で、お金稼ぎの方法を身につけたい
といった欲求も当てはまります。



親和の欲求



第三段階の「親和の欲求」ですが、これは、

「多くの人と仲良くなりたい」

といった、仲間がほしいという欲求になります。


人間は1人で生きているわけではありませんから、
やはり仲間が欲しくなるのは当然ですよね。



自我の欲求



第四段階の「自我の欲求」ですが、これは、

「特別な存在として認知されたい」

といった、こいつは他のやつとは違うな!というように
特別な人間として見て欲しいという欲求です。


この分野ならこいつに聞けば大丈夫といった感じの
状況になりたい欲求ですね。



自己実現欲求



第5段階の「自己実現欲求」ですが、これは、

「自分は将来何になりたいのだろう」

といった、自分のビジョンを探し出すようになる欲求のことです。


他人に流されずに、自分の意志で自分探しをする段階です。






このように、マズローさんは5段階の欲求理論を唱え、
第一段階から順番に人間は第五段階までのぼっていくものであると示しています。


それで、自分自身に当てはめてみると、ものの見事に、
この5つの段階に当てはまっていることがわかりました。


特に、第五段階に関しては、

「自分で稼いで独立して自由人になる!」

と決めたから今の私があるわけです。


第五段階まで自分で意識していなかったら、
今もまだサラリーマンをして、ぼーっとしながら生きていたのでしょうね。


せっかくこの世に生まれたからには、
マズローの第五段階までいくべきです。


私の記事を見てくれているあなたならなおさらです。


もちろん個人の自由なので、独立するもしないも自分次第なのですが、
ただ、流されて生きていくのではなく、自分の意志で生きているという
実感を持って生活していこうではありませんか。


今回はライティングテクニックのマズロー理論についてお話しましたが、
自分の現状とぜひ対比して欲しいと思います。


自分の今の位置がわかると思いますので。


それではまた。


コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ