自由人になってから改めて本を読むと見え方が異なる

こんにちは、やまてつです。


やまてつは、サラリーマン時代に、


「いまの現状を変えたい!!」


と思い、自己啓発関連の本を沢山読みました。


軽く100冊以上は読んだと思います。


当時、本を読んでいて、なんとなく別世界のお話のような気がして、


「ふーん、そうなんだー。」


程度の印象でした。


最近になって、自由に時間管理ができるので、また、昔読んだ本を読み返してみました。


その本のタイトルは、





「非常識な成功法則」(神田昌典著)





「ユダヤ人大富豪の教え」(本田健著)


の2冊です。


何気なく読み始めたのですが、ドンドン読み進めていくうちに、あることに気付かされました。


それは、


「書いてある内容が、今の生活と一致している」


ということでした。


つまり、サラリーマン時代にこれらの本を読んだのですが、現実感が全くなかったのです。


しかし、晴れて自由の身となった今、本を読み返すと、普段の自分の出来事と一致していることに気付かされました。


おそらくこれは、


「サラリーマン洗脳」


が解けたおかげだと思います。


洗脳されていた当時は、こうあるべき、こうすべき、といった、サラリーマン特有の洗脳にかかっていました。


しかし、その洗脳から開放された今は、あるものをあるがままに直視できるようになったため、本に書いてあることも、違和感なく理解できます。


サラリーマン時代に読んでも、その洗脳が邪魔をして、きちんと頭に入って来なかったのだと感じています。


心持ち一つで、同じ本を読んでもこんなにも印象がこんなにも異なることになるとは、本当に驚きました。


そのため、最近は以前読んだ自己啓発書を読み返すようになり、更にパワーアップを図ろうと画策しています。


あなたにも本を読む際には、ぜひ、既存の概念をとっぱらって心をフリーにして読んでみてください。


そうすれば、本で書かれていることの真意がよく分かるようになるはずです。






コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ