サザエさん症候群と無縁になった理由

サザエさん症候群と無縁になった理由について解説いたします。

待ち遠しかった金曜日の夜


私がサラリーマンだった頃、日々の仕事で疲れ果てていたため、早く週末にならないかなと常に考えていたことを思い出します。


仕事の忙しさからくる疲労は言うまでもなく、職場での対人関係で日々苦労をしていました。


そのため、苦痛な一週間が終わる金曜日が来るのを心待ちにしていました。


そして、一週間を何とか乗り切った金曜日の夜に、仕事を終えて会社を出た直後の開放感は格別でした。


憂鬱だった日曜日の夜


しかしその幸せな気持ちでいられる時間は短く、週末はあっという間に終わります。


日曜日の夜になると、お約束の「サザエさん症候群」がやって来るのです。


サザエさん症候群とは、サザエさんを見終わった後にまた明日は会社に行かなければいけないので憂鬱だと感じる状態のことをいいます。


金曜日の夜の晴々とした気持ちとは対照的に、日曜日の夜は大変憂鬱でした。


そんなある日の日曜日、ラジオから「月曜日が待ち遠しい」というようなフレーズの歌が流れてきました。


その当時の私は、


「世の中に月曜日が待ち遠しいと思う人なんているのだろうか?」
「自分は月曜日が待ち遠しいと思えるようになるはずがない」



と思っていました。


しかしそんな自分が、まさか月曜日が来るのが本当に待ち遠しいと感じるようになるとは夢にも思っていませんでした。


ネットビジネスが全てを変えた


ネットビジネスで脱サラした現在では、これまでの憂鬱と思える状態が全てなくなりました。


サラリーマン時代には仕事をすることが苦痛と感じていましたが、今は仕事を楽しいと思いながら行っています。


また、価値観の合わない人と一緒に仕事をする必要がなくなり、対人ストレスが全くなくなりました。


そのため、仕事をしている毎日が楽しいので、サラリーマン時代とは比較にならないほど仕事に本気で取り組むことができています。


逆に、サラリーマンのままでいたら、いつまでたっても現在のように本気で仕事に取り組めるという状況にはならなかったはずです。


サザエさん症候群と無縁になった要因


サザエさん症候群と無縁になった大きな要因は、平日に憂鬱と感じることがなくなったため、週末を楽しめるようになったからだと感じています。


サラリーマン時代の週末は、現実逃避をするために日中はダラダラと過ごし、そして夜はお酒ばかり飲んでいました。


月曜日からの仕事のことが気になって、週末そのものを楽しむことが出来なかったからです。


しかし、脱サラした今は全く違います。


平日の仕事をしている日常が充実しているため、週末も心の底から楽しめるようになったのです。


脱サラした今は、週末は家族サービスに集中しています。


週末をどのように過ごしたら家族を楽しませることが出来るかいつも考えています。


充実した週末を過ごしているおかげで、日曜日の夜になると、


「明日は月曜日だからまた仕事をがんばろう」


と待ち遠しく思えるようになりました。


行動することで現状を変える


おそらくあなたはこの内容を見て、いますぐにでも今の環境から脱出したいと思われたことだと思います。


しかし、現状から脱出するためには行動するしかありません。


まずは何かしらの行動を始めましょう。


すでに行動しているのであれば、継続して行動をしましょう。


私のようにネットビジネスで現状を変えたいと考えているのであれば、今すぐネットビジネスに関連する作業を開始し、継続して作業を行いましょう。


行動することを先延ばしすればするほど、現状の憂鬱な状況から抜け出すのが遅くなります。


ぜひあなたにも行動することで現状を打破していただき、私のようにサザエさん症候群にならずに月曜日が待ち遠しいと思える状況になってほしいと思います。





コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ