やりたい仕事ができているサラリーマンはどれだけいるのだろう?

企業組織に所属している会社員やサラリーマンなどで本当にやりたい仕事ができている人はどれだけいるのかについて解説いたします。

社内異動や転職を経験して思ったこと


あなたは今の仕事に満足していますでしょうか?


私はサラリーマン生活をしていた当時、何度か社内の異動や転職を経験しました。


しかし、社内の異動や転職をするたびに、どんどん自分の望む仕事はできなくなってしまいました。


まだ同じ会社の中で他部署へ異動を希望する


「社内転職」


であれば、自分がやりたいと思える仕事が社内にあった場合、その希望する部署に異動して望む仕事をすることができる可能性はあります。


私の場合は会社命令での社内転職であったため、全くやりたくない仕事をすることが多かったことを思い出します。


会社の方針に逆らえない弱い立場


特に嫌だったのが、明らかにバグだらけの製品を会社命令で他社にセールスを行うことでした。


自分だったらこんなダメ製品を買うことはありえないのに、それを知らないお客様に対してそのダメ製品を売り込むと言う仕事が、自分の性格上、本当に苦痛で耐えられませんでした。


まさに、お客様をダマしていると感じていました。


しかし、企業組織に属して会社から給与を得ている身分では、会社の方針に逆らうことは当然不可能です。


そのため当時は、本当に会社に行く事自体が苦痛でどうしようもありませんでした。


転職の理想と現実


ちなみに、私は何度か転職も経験しています。


しかし、転職の場合は、


「その道のプロで即戦力であること」


を求められます。


そのため、たとえ自分が他にやりたい仕事があったとしても転職の場合は、今まで経験して実績がある仕事で採用されることがほとんどになります。


つまり、実績のない仕事で転職することは大変難しく、皆無に等しいと言えるでしょう。


私の場合は、生きるために仕方がなく転職をしたという経緯があるため、自分がやりたいと思う仕事とはかけ離れて行きました。


この転職当時は大変な不景気の状況であったこともあり、多くの企業が募集している職種の特徴としては、


「社員がすぐに辞めてしまうような職場」





「労働環境が過酷な職場」


についての募集をしているというのが大多数であるといっても過言ではありませんでした。


そのため、


「転職して好きな仕事でステップアップして年収もアップ!」などというのは無理という状況でした。


それにより、


「転職=現状維持もしくは年収ダウン」


が普通になってきています。


サラリーマンを続けていたらリストラされていた?


もし私が転職をせずに当時の会社にそのままいたとした場合、今度はどんなことが待ち受けていたかというと、


「給与やボーナスのカット」


最悪な場合では、


「リストラ」


になっていたはずです。


実際に会社の当時の同僚に最近の状況を聞いたところ、何年も給与が変わらず、満額でのボーナスはもらえていないそうです。


つまり、入社してからほとんど給与が変わらない状態が続いているということになります。


この状況を聞いて本当に、サラリーマンをしていてやりたい仕事をするということは難しいだけでなく、会社に居続けることすらも大変難しい状況なのだと感じました。


収入の柱を増やすことは必須である


それを考えた場合、たとえ今は自分のやりたいことを出来ていて満足していたとしても、これから先にどんな人生のリスクが待ち受けているかを自分で考えて人生設計をする必要性があると言えるでしょう。


当然ですが、


「サラリーマンをやめて今すぐ独立しましょう!」


などとは言いませんし、おすすめもしません。


しかし、サラリーマンの給与だけに頼っているという状況は非常に危険であるということだけは常に意識しておくべきだと思います。


ちなみに今の私は大好きなネットビジネスのみで生活しているのですが、社会人になって初めて本当に好きな仕事ができていると感じています。


正直、脱サラして独立してから大変なこともたくさんありますが、明らかに幸せのほうが多いです。


あなたにもネットビジネスで稼げるようになってもらい、サラリーマンの給与以外にも収入の柱ができるようになってほしいと思っています。


自分の人生ですから、本当に好きな事を仕事にして人生を歩めるようにしていきましょう。







コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ