ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカムの原則

ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカム(One Message, One Market, One Outcome)の原則の意味と活用方法について解説いたします。

はじめに


コピーライティングの基本となる原則に、


「ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカム(One Message, One Market, One Outcome)の原則」


というものがあります。


この原則は端的にいうと、


「ひとつのメッセージをひとつのマーケットに対して伝えてそしてひとつの出口しか用意しない」


ということを意味しています。


以下に、この原則の意味と活用方法についてご説明したいと思います。


活用例


今回の活用例としては、あなたがダイエットに関する商品をアフィリエイトしたいと思い、その商品の紹介用のレビューページを作成する場合でご紹介します。


この場合の「ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカムの原則」を意識したレビューページの構成は以下のようになります。


ワンメッセージ(One Message)


ダイエットで成果を出したいと思っている人に向けて、おすすめするダイエット商品がありますのでこの商材を購入して下さい。というメッセージを伝えることがワンメッセージになります。


ワンマーケット(One Market)


この商品を売りたいと思う対象者を「ダイエットをしたいと思っている人々」にターゲットを絞ることがワンマーケットになります。


もしあなたのレビューページの構成が、「ダイエットをしたいと思っている人々」というターゲットに絞り込まず、「化粧品に興味がある人々」や「バストアップに興味がある人々」と複数のターゲット層を対象としているとします。


すると、あまりにも方向性の異なるジャンルが一つのレビューページ内に存在しているため、結果として訪問者はもっとダイエットに専門的なサイトへ行こうと思い、他のサイトへ移動されてしまうことになります。


ワンアウトカム(One Outcome)


レビューページの中で、「ダイエットに効果的な商品はこちらになりますので、このボタンをクリックして購入してください。」という一つの出口を用意して行動してもらうようにすることがワンアウトカムになります。


特にレビューページの構成では、購入ボタン以外に「メルマガ登録はこちら」や「その他のおすすめ商品はこちら」や「参考ページはこちら」などの不要な出口を用意してしまうと、成約率が大幅に低下する要因となります。


レビューページにおいては、訪問者が迷うことなく行動ができるように構成されてないと、判断ができなくなり、その結果としてページから離脱されてしまいます。


「混乱した脳は常にNOと言う」


という言葉がそれを物語っています。


まとめ


「ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカムの原則」はコピーライティングの基本になります。


今回の例ではレビューページを作成する場合でご説明しましたが、この原則は色々な場面で応用することが可能です。


メルマガを発行している場合であれば、配信するメルマガの構成で活用したり、ブログ記事を書く場合でも、一つの記事の構成で活用したりすることができます。


相手に情報を提供する場合には、常に受け取り手が明確に認識できるように情報を伝えて、なおかつ何を行動したらよいかを適切に伝える必要があるということを意識して下さい。




コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ