こんにちは、やまてつです。


学校を卒業して、社会人になりたての頃は、
早く一人前になりたいと思い、懸命に勉強していたことを思い出すことがあります。


それこそ、社会人として

「大成したい!」

と考えて、昼夜問わず、土日も関係なく勉強をしていました。


といっても、昇進欲は昔から全くなく、
自分がやりたいことをトコトンしたいと思っていました。


やまてつの中での社会人としての「大成」とは、

「わからないことがあったらやまてつにきけ!」

と言われる存在になることでした。


幸いにして、日々精進していたおかげか、社内で技術面で困ったことがあれば、
上司、先輩、後輩問わず、相談してもらえる立場になることができました。


この頃は、仕事が楽しく、非常に充実していて、会社や他人のためになることが
うれしく思っていたことを記憶しています。


しかし、転職を機に、この状況は一変する事になります。


環境の大きな変化と共に、仕事の内容も変わり、
今まで培って来たものを活かすことが困難になりました。


また一からやり直すことがしんどくなり、
努力することが、だんだんと億劫になっていきました。


そして、月日が流れ。。。


とうとうやまてつは、努力することをあきらめてしまいました。


それからの社会人生活はひどいものでした。


やる気はないので、上司からは白い目で見られるし、
努力していないので、仕事は楽しくないという悪循環に陥りました。


更に悪いことには、仕事を進めていく上で新たな知識習得をするのは面倒だから、
現状の知識と経験だけでなんとかならないかと考えるようになりました。


つまり、小手先で仕事をするようになっていたのです。


今さらながら思うことは、このような状況になった時点で、

「人間としての成長をやめてしまった」

といってもいいでしょう。


しかし実際は、

「成長」どころか「退化」していた

わけですが。


そもそも、人間は「忘却する生き物」です。


つまり、何もしなければ、今まで蓄えてきた知識は
どんどん忘れてなくなっていくのです。


また、この変化の早い時代において、
常に学習しなければどのようになるか?


答えは明確ですよね。


いつの間にか、悲しいことに、やまてつはそんな残念な社会人になっていました。


しかし、そんなやまてつにも転機が訪れました。


それは、

「ネットビジネスとの出会い」

です。


ネットビジネスは、これまでのヤル気のない人生からやまてつを救ってくれました。


心機一転、ネットビジネスを深く学びたいと思い、週末はもちろん、
仕事から帰ってきたら深夜まで、勉強と作業を繰り返しました。


このおかげで、勉強して成長することの楽しみと充実感を取り戻すことができました。


ネットビジネスは、

「努力せず適当にやっていたら誰も信頼してくれない。」

ということを今さらながら再認識させてくれました。


今後はネットビジネスの世界で、もう一度、

「わからないことがあったらやまてつにきけ!」

と言われる存在になりたいと思っています。


そうなることで、人としての自分の成長と他人からの
信頼が得られる存在になれると信じているからです。


それではまた。

コメントを残す

*

独立・起業の関連記事
  • サザエさん症候群と無縁になった理由
  • ネットビジネスによって「不自由人」からの卒業
  • ネットビジネスで独立したことによる最大の恩恵
  • アフィリエイトで稼げる人は自ら考えて行動できる人
  • 昔働いていた会社がいつの間にか倒産していました
  • サラリーマン時代に憂鬱だったゴールデンウィークの最終日