特定電子メール法

メルマガ配信時に順守すべき特定電子メール法(特電法)について解説いたします。

はじめに


メルマガを発行してアフィリエイトをする場合、必ず関係してくるのが「特定電子メール法」になります。


法律に関しては弁護士でもない限り、それほど日常の生活の中で意識することはないのですが、メルマガアフィリエイトを実践する上では避けて通れないのがこの法律になります。


それでは早速、メルマガアフィリエイトで重要となる特定電子メール法の詳細についてご説明したいと思います。


特定電子メール法とは何か?


特定電子メール法は正式名称が「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」になります。(以下、特定電子メール法)


特定電子メール法は総務省のホームページ上に詳細が公開されています。


特定電子メール法は、アフィリエイト目的のメルマガを発行する場合にこの法律に抵触することになります。


法律ということで難しく感じるかもしれませんが、抑えるべきポイントは限られていますのでそのポイントを順番にご説明したいと思います。


メルマガ購読を了承した相手のみにメルマガを送信する(オプトイン方式)


あなたがメルマガを第三者に対して送信して良いのは、あなたが発行しているメルマガを購読することを了承してくれた場合のみとなります。


そのため、メルマガ購読に同意をしていない第三者のメールアドレスを勝手にあなたのメルマガに登録して送信する行為は禁止されています。


よくある事例としては、ネット上に表示されているメールアドレスを自動で取得するツールがあります。


しかし、このようなツールを使ってメールアドレスを取得して、そのアドレスに対してメルマガを配信することは禁じられています。


また、メルマガを購読することに同意してくれた読者が、途中で購読をやめる手続きをとったあとに、引き続きメルマガを配信することは禁止されています。


読者がメルマガを購読することに同意した時と場所と方法を記録し保存すること


メルマガ発行者は、読者がいつ、どこで、どのようにメルマガ登録されたのかを、いつ何時でも本人に公開できなければなりません。


メルマガ配信者は以下の情報を保持していなければなりません。


「メールアドレスを取得した日時・場所・方法」


取得したメールアドレスをあなたのメルマガに登録する際にはこれらの情報を記録・保存しておきましょう。


また、メルマガを発行している期間中は常にこれらの情報を記録しておく必要があります。


メルマガの配信をやめたとしても、最後に送信した日から1ヶ月間はこれらの情報を保存しておく義務が発生しますので注意してください。


表示義務


メルマガを発行する際には、必ず以下の情報を表示する義務が発生します。


  • 送信者の氏名または名称(法人の場合は法人名でも可能)
  • 送信者の住所
  • 苦情や問い合わせの受付先
  • 受信拒否ができる仕組み
  • 受信拒否を受け付けるためのメールアドレスまたはURL

これらのことからわかるように、メルマガにはあなたの本名(もしくは会社名)と住所を記載する必要があるのです。


本名ということになりますので、私の場合のやまてつというハンドルネームを利用していますが、この名前でのメルマガ配信では問題があります。


個人情報を表に出すことは非常に抵抗があるかもしれませんが、必ず実名で表示するようにしましょう。


また、苦情や問い合わせの受付先として


  • 電話番号
  • メールアドレス
  • メールフォームへのURL

など、連絡が取れる情報を記載するようにしましょう。


最低限の表示として、メールアドレスだけでもかまいません。


また、メルマガの配信を読者が辞めたい時の手段を必ず用意するようにしましょう。


まとめ


特定電子メール法の内容についてご説明いたしました。


最初は少し理解しずらい点などがあるかとは思いますが、ビジネスを行う上では法律とは無縁でいることはできませんので、しっかりと特定電子メール法の内容を確認して欲しいと思います。


なお、私のメルマガ配信時において特定電子メール法をふまえた表記は以下のようになります。


tokusyouhou


参考にして頂ければと思います。




コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ