サラリーマンであることのリスク

サラリーマンのリスクについて解説いたします。

自営業の家庭で育った


私は小さいころから自営業の家庭で育ったせいか、「サラリーマン」という職業に違和感を覚えながら成長しました。


  • 祖父:不動産業
  • 祖母:農家
  • 父親:不動産業と行政書士
  • 母親:不動産業
  • 親族:農家、個人タクシー、文房具屋、衣類店、設備会社など

身近な大人たちのほとんどが「サラリーマン」ではありませんでした。


そのため、ボーナスなどというものには無縁でしたが、一度に手にする金額は非常に大きなものだったと記憶しています。


ある日のこと、父親が不動産の取引で多額の札束を持って帰ってきたことがありました。


子供の私にとっては、1万円がたくさんある光景を見た事がなかったため、非常に衝撃的だったことを覚えています。


子供心に大きくなったらサラリーマンではなく、自分で商売をしようと考えるようになりました。


現実的にサラリーマンへ


とはいえ、月日は流れ、自分自身で稼いで生活をする頃になるとまず考えたのが、


「人生経験を積むためにとりあえずサラリーマンになる」


ということでした。


しかし、何年もサラリーマンを経験して得たことはネガティブな感情だけでした。


その理由としては、


  • どんなに努力しても昇給はせいぜい1年間で数万円
  • 毎月もらう給料は年俸制のため働く前から決まっている
  • いつリストラにあうかわからない
  • 時間を提供することでの対価報酬の意義が感じられない

などがありました。


あなたもこれ以外でもいろいろと思うことがあるのではないでしょうか。


サラリーマンを経験しての結論


自分自身が実際にサラリーマンを長年経験し、結果として得た結論は、


「サラリーマンは割に合わない」


ということでした。


このような結論に至ったきっかけは、自分で努力をしてアフィリエイトで成果を出せるようになったからです。


アフィリエイトであれば、1商品から2商品が売れれば、それだけで昇給額をまかなえます。


年俸制では働く前から自分が得られる金額がわかるため夢も希望もありません。


私が以前働いていた会社では、東大卒の外資系のエリートだった人が、実力があるにもかかわらず、会社の方針とあわないと言う理由だけでリストラされました。


本当にやりがいを感じられませんよね。


このような状況では。


日本の雇用状況の暗い未来


これからは日本市場の縮小やグローバル化に伴い、日本企業はこれまで以上に世界と競争をせざるを得ません。


しかし、すでに日本企業は高い人件費と高い税金のため競争力などありません。


日本企業は世界との競争のために、これまで以上に日本人を切り捨てていくことでしょう。


また、税金対策のために本社機能を海外に移転して行くことでしょう。


日本人がサラリーマンで生きていくことが難しい時代になって行くのは明らかです。


そんな時代が到来することがわかっている状況で、サラリーマンでいることのメリットはあるのでしょうか。


どう考えてもありませんよね。


生き抜くために必要な力の獲得


ではどうしたらよいでしょうか。


それは、


「自分の力で稼ぐ力を獲得する」


必要があると考えています。


一昔前であれば、自分で事業を起こす場合、初期投資のための多額の資金が必要でしたが、インターネットが当たり前になった今ではその資金すら必要なく、自分で事業を始められるようになりました。


良い時代だと思いませんか?


今や、ネットビジネスを着実に展開して成功すれば短期間のうちに安定した生活を送ることが出来ます。


同じ努力と時間を使うのであれば、サラリーマンという職業にしがみつかないで、自分の自由な時間と収入を得る道を歩んだ方が幸せです。


自分の自由な時間と収入を得たいと考えるのであれば、ネットビジネスで自分の力で収入を得るためのスキルを身につけ、最終的には私のように脱サラの道を検討してはいかがでしょうか。




2 Responses to “サラリーマンであることのリスク”

  1. あき より:

    脱サラっていうほどかんたんじゃないですよね
    何をどうすればできるんですかね

    • やまてつ より:

      あきさん、こんにちは。

      おっしゃるとおり、脱サラを計画的に行うことを考えると
      色々と悩むポイントが出てきますよね。

      一番重要なことは、収入源を確保してから
      脱サラをするということではないでしょうか。

      収入源を確保しないまま脱サラをしてしまうと
      単なる退職になってしまいますからね。

      まずは、脱サラに向けてネットビジネスでの
      収入をある程度得て、経験を積んでから
      脱サラをするのが良いのではないかと思います。

      ちなみに、私の場合はネットビジネスで
      ある程度の収入が安定して確保できるという状況になってから
      脱サラをして独立しました。

      ご参考まで。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ