レスポンシブWebデザインの特性を意識したAdsense広告の最適な配置場所の見つけ方

レスポンシブWebデザイン対応のテンプレートで構築したトレンドアフィリエイトサイトにおいて、Google Adsense広告を配置する際の最適な位置の見つけ方のについて解説いたします。

はじめに


トレンドアフィリエイトサイトを構築する場合に数多く使用されているのが、レスポンシブWebデザインに対応したテンプレートになります。


このテンプレートを使用すれば、PCやスマホでも自動的に画面表示のサイズや構成内容を調整してくれるため大変便利です。


しかし、多くのトレンドアフィリエイトサイトでは、このレスポンシブWebデザインの特性を十分に理解せずにGoogle Adsense広告(以下、Adsense広告)を配置しているサイトが見受けられます。


どの位置にAdsense広告を配置したら良いのか、また、配置場所を見つけるためには何をすべきかについてご説明したいと思います。


今回はレスポンシブWebデザイン対応テンプレートの例として「Refine Snow2」を利用して解説していきます。


レスポンシブWebデザインとは?


まず、レスポンシブWebデザインの機能についてもう一度おさらいをしてみましょう。


レスポンシブWebデザインとは、サイトの閲覧者のブラウザの横幅サイズを判断基準として、CSS(Cascading Style Sheets)を自動的に切り替えてくれる仕組みのことを言います。


PCやスマホでは画面サイズが異なるため、同じサイトを表示させた場合にPCでは見やすいけれども画面の小さいスマホでは見づらいということが起きます。


しかし、レスポンシブWebデザイン対応のテンプレートを利用すれば、自動的に画面の横幅に合わせた最適なサイト画面を表示させることができます。


実際に「Refine Snow2」で構築したサイトで確認してみましょう。


PCで見た場合


元々は3カラムで表示するサイトを作成しています。


responsivewebdesigne01


iPhoneで見た場合


iPhoneで同じサイトを見た場合、自動的に横幅を調整して1カラムで画面が表示されるようになります。


responsivewebdesigne03


レスポンシブWebデザインの功罪


ここまでの画面比較を見ていただくとお分かりの通り、PC用のサイトを一つ作成しておけば自動的に画面サイズの最適化をしてサイトを表示してくれるので、大変見やすく手間もかからないので非常に便利と言えます。


しかし、トレンドアフィリエイトにおいてはこのレスポンシブWebデザインの特性を十分に理解していないと売上の成果に大きな差が生じてしまいます。


トレンドアフィリエイトの場合、成果の大半をAdsense広告で上げることになります。つまり、レスポンシブWebデザインの動作の仕組みを理解していないとAdsense広告を掲載しても画面上に広告が表示されないという事象が起こりえるのです。


こちらも実際にAdsense広告を表示して確認してみたいと思います。



サイドバーにAdsense広告を表示する場合


PCで見た場合、左カラムにAdsense広告を設定したとします。


responsivewebdesigne04


しかし、iPhoneで見た場合には、サイドバーが赤枠で囲った「サブコンテンツ」のボタンの中に収納されてしまい、Adsense広告が表示されません。


responsivewebdesigne06


Adsense広告を表示するためには読者に「サブコンテンツ」のボタンをクリックしてもらわなければ表示がされないのです。


responsivewebdesigne07


PCとスマホのアクセス数はほぼ同じ


トレンドアフィリエイトサイトの訪問者のアクセス解析を行うとよくわかりますが、PCとスマホのアクセス数はほぼ同等もしくはスマホユーザーの方が多い場合がほとんどだと思います。このことも考慮すると、Adsense広告のクリックされやすい場所に配置することは大変重要であることがお分かりいただけると思います。


また、スマホを利用しているユーザーはPCからの利用者と比較した場合、ITリテラシーがそれほど高くないとされています。そのため「サブコンテンツ」ボタンを開くという行為自体を知らない可能性が非常に高いのです。つまり、画面が表示されるデフォルトの段階でAdsense広告が適切に表示されていることが望ましいのです。


Adsense広告の1画面内における表示数と配置場所


Adsense広告の1画面内における最大表示数は3つまでになります。(一部の例外を除く)


そのため、その最大表示数である3つの広告を配置しているわけですが、残念なことにAdsense広告の配置に関して十分に考慮されていないサイトが散見されます。


よく見かけるAdsense広告の配置は以下のように左、中央、右と1箇所づつ配置されているサイトです。恐らくバランスよく配置しておけばクリックされやすいだろうと思われての配置だと思います。


responsivewebdesigne08


しかしこの配置ではスマホで見た場合にはデフォルト表示では、中央部分の1箇所しか表示がされないことになります。


responsivewebdesigne09


残りの2箇所のAdsense広告を表示するためには、「サブコンテンツ」をクリックしてもらわなければなりません。


responsivewebdesigne10


この事例からも分かる通り、レスポンシブWebデザインの動作特性を理解せずに、ただ漫然とAdsense広告を配置しても利益の最大化は図れないのです。


Adsense広告の最適な配置はどこ?


これまでの説明からお分かりいただけるかと思いますが、「Refine Snow2」に限って言えば、サイドバーにAdsense広告を配置するよりも中央メインカラム部分に配置することが最適な位置といえるかと思います。


しかしここで、「Refine Snow2」に限ってと表現したのは、あなたが使用しているレスポンシブWebデザイン対応テンプレートによって動作が異なるためです。


最適な配置場所の決定には動作検証が必須


トレンドアフィリエイトの実践者の多くはレスポンシブWebデザイン対応のテンプレートを使用してサイト構築を行っていますが、Adsense広告の見え方を実際に検証している人は少数ではないでしょうか?


検証には時間も手間もかかりますので、ここに配置すれば良いですと言われると何も考えずにその配置にしてしまいがちです。しかし、利益の最大化を図るためにはあなた自身が実際に動作検証を行う行為こそが重要なのです。


稼いでいるアフィリエイターは間違いなくこのような手間ひまをかけて動作検証を行っています。なぜならば、彼らは手間ひまをかけた分だけ成果につながることを十分に理解しているからです。


あなたにもこの意識を持って取り組んでいただいて、今まで以上に成果を上げて欲しいと思います。



動作検証を行うためには?


実際に動作検証を行う場合には、スマホとPCをお持ちであれば実際に実機を使って表示をすることが望ましいでしょう。しかし、実機がない場合には、ブラウザの横幅をスライドさせて、サイトを再読み込みしてあげるだけで動作確認をすることができます。


また、今回記事内で画像でご紹介したiPhoneのエミュレータは以下のサイトで無料で利用することができます。

「iPad及びiPhoneの無料エミュレータサイト」


是非活用して頂き、今以上に利益の最大化を図ってほしいと思います。




コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ