メルマガの到達率を向上させるSPFレコードの設定方法

独自ドメインを利用したメールアドレスを作成後、ドメインのDNSにSPFレコードを設定する方法について解説いたします。

はじめに


メルマガアフィリエイトにおいて、結果を左右する大きな要因にメルマガの到達率があります。


一般的に、無料メール(GmailやYahoo!メール等)を利用していると迷惑メール扱いを受ける場合が多く、メルマガの到達率が大幅に低下してしまいます。


そこで、あなたがサイト運営で利用している独自ドメインを利用したメールアドレスを作成し、SPFレコードをDNSに設定してあげることで無料メールと比較した場合の到達率を向上させましょう。


今回は、エックスサーバーとさくらサーバーからメルマガ配信をすると仮定した場合のSPFレコードの設定方法についてご説明したいと思います。




SPFの概要


まず、SPFとは何か、SPFレコードとは何かについてご説明したいと思います。


SPFとは?


SPFとはSender Policy Frameworkの略語であり、電子メールにおいて送信元に指定されているメールアドレスのドメイン自体がなりすましなどの詐称がされていないかを調べるための仕組みになります。


メルマガアフィリエイトを実践していて、メルマガ配信スタンドを利用しているとわかりますが、メルマガの配信先は自由に設定することができます。


そのため、送信元のメールアドレスを偽るいわゆる「なりすましメール」を簡単に送ることができてしまいます。


これにより、スパムメールなどの迷惑メールが大量に配信されている原因の一つともなっていました。


例を挙げるとするならば、あなたが使用しているドメイン名を利用したスパムメールをあなた以外の第三者が配信させることが可能ということです。


そこで、今回ご説明するSPFは、このような送信元のメールアドレスのなりすましを防ぐための技術の一つとして存在しています。


SPFレコードとは?


SPFはDNS(Domain Name System)を利用してあげるということが特徴です。


設定作業として、あなたの使用するドメインのゾーンデータにSPFレコードという情報を追加してあげて、ドメイン名を送信元としてメールを送ってもよいサーバのIPアドレスやその他の付加情報を記述してあげます。


この設定を実施することで、SPFに対応している受信用のメールサーバーがメールを受け取った際にメールの送信元に記述されているドメインのSPFレコードをDNSで問い合わせを行います。


この問合せに対して、送信元のサーバで設定されたSPFレコードの中で許可されていない場合には、 送信ドメインが詐称されてメール配信が行われたものと判断をしてメールの受信を拒否するなどの処理を行います。


SPFレコードの書式


SPFの概要を見ると難しそうに感じるかもしれませんが、設定自体は大変簡単に行うことができます。


まず、記述形式としてTXTを選択します。


そして、データとしては以下の内容を記述します。


<エックスサーバーの場合>

v=spf1 +ip4:XXX.XXX.XXX.XXX ~all

※「XXX.XXX.XXX.XXX」部分にはIPアドレスが入ります


<さくらサーバーの場合>

v=spf1 a:XXX.sakura.ne.jp mx ~all

※「XXX」部分にはホスト名が入ります


上記の情報を入力する場合には、エックスサーバーであればSPF設定画面で入力する情報を貼り付けるだけですし、さくらサーバーであればSPF設定を有効にするだけで自動的に設定が完了するので、全く難しいことはありません。


SPFレコード設定(エックスサーバー編)


エックスサーバーにおいて、独自ドメインを利用したメールアドレスの作成及びSPFレコード設定方法については以下の記事を参考にしてください。


「独自ドメインを利用したメールアドレスの作成方法(エックスサーバー編)」



SPFレコード設定(さくらサーバー編)


さくらサーバーにおいてのSPFレコード設定方法についてご説明したいと思います。


独自ドメインを利用したメールアドレスの作成


まず、独自ドメインを利用したメールアドレスの作成を行います。


独自ドメインを利用したメールアドレスの作成方法については以下の記事を参考にしてください。


「独自ドメインを利用したメールアドレスの作成方法(さくらサーバー編)」


SPFレコードの設定


続いて、SPFレコードの設定作業を行います。


管理画面の中にある、「ドメイン設定」をクリックしてください。

spf05


SPFレコードを設定したいドメインを選択し、「変更」ボタンをクリックしてください。

spf06


設定項目の中に、SPFレコードの利用に関する項目がありますので、SPFレコードを利用するにチェックを入れてください。

spf07


確認画面が表示されますので、「OK」ボタンをクリックしてください。

spf08


SPFレコードを利用するにチェックが入っていることを確認後、「送信」ボタンをクリックしてください。

spf09


ドメイン設定に関する画面が表示されます。

spf10


続いて、DNS設定が正しく反映されているかを確認するため管理画面に再度ログインを行います。


会員ID及びパスワードを入力し、「ログイン(認証)」ボタンをクリックしてください。

spf11


管理画面にログイン後、「契約情報」ボタンをクリックしてください。

spf12


「新規ドメインの確認」ボタンをクリックしてください。

spf13


「ドメインメニュー」ボタンをクリックしてください。

spf14


「ネームサーバメニューへ」をクリックしてください。

spf15


先ほどSPFレコードの設定を行ったドメインを選択し、「表示」ボタンをクリックしてください。

spf16


赤枠で囲まれた部分にTXTタイプの記述が表示されていることを確認して下さい。

spf17


以上で、さくらサーバーにおけるSPFレコードの設定作業は完了です。


SPFレコードの動作確認


正しくSPFレコードが動作しているかの確認作業を行います。


一般的に確認を行う場合には以下の2通りの方法を用います。

  • nslookupコマンドの利用
  • SPFレコードチェックサイトの利用

順番に確認方法についてご説明したいと思います。


nslookupコマンドの利用方法


WindowsのOSを利用している場合には、コマンドプロンプト上でSPFレコードの確認を行うことが可能です。


「スタートメニュー」>「アクセサリー」を開き、「コマンドプロンプト」を起動させてください。

spf27


コマンドプロンプトの画面に以下のコマンドを入力します。


nslookup -q=txt xxxx

xxxxの部分にはSPFレコードを設定したドメインを入力してください。


入力が完了しましたら、「ENTER」キーをクリックしてください。

spf24


SPFレコードが正しく設定が行われている場合、赤枠で囲まれた部分のような表示がされます。

spf25 エックスサーバー上での設定の場合

spf26 さくらサーバー上での設定の場合


以上で、nslookupコマンドを利用した確認作業は完了です。


SPFレコードチェックサイトの利用方法


ブラウザ上でSPFレコードを簡単に確認するサイトの利用方法についてご説明したいと思います。


以下のサイトへアクセスしてください。


SPFレコードチェックツール


テストを行う場合には、赤枠で囲まれた「Test an SPF record」の部分を利用します。


spf28


テストのために下記の項目を入力します。


  • IP address:
  • メールを外部ドメインに送出するメールサーバの情報を入力してください。

  • Mail From address:
  • メールの送信者とするメールアドレス(From:ヘッダまたはエンベロープに指定するアドレス)を入力してください。

入力が完了しましたら、「Test SPF Record」ボタンをクリックしてください。


spf29


以下のように、「Pass」と表示がされれば正常にSPFレコードの設定が行われています。


spf30


以上で、SPFレコードチェックサイトを利用した確認作業は完了です。


メルマガ配信スタンドを利用する場合


今回の説明ではエックスサーバーもしくはさくらサーバーから直接メルマガ配信する場合の設定方法についてご説明をしました。


メルマガ配信スタンドを利用してメルマガを配信する場合には、SPFレコードの設定内容が使用する配信スタンドごとに変わります。


ご利用になるメルマガ配信スタンドのサポート情報を確認の上、設定作業を行っていただきたいと思います。


ご参考までに、「エキスパートメール」で独自ドメインメールアドレスに対してSPFレコード設定をする方法については以下の記事を参考にして下さい。

「エキスパートメール」のSPFレコードを利用したメルマガ到達率の改善方法


以上で、メルマガの到達率を向上させるSPFレコードの設定作業は完了です。



コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ