独自ドメインを利用したメールアドレスの作成方法(エックスサーバー編)

エックスサーバーにおいて独自ドメインを利用したメールアドレスの作成及びSPFレコード設定方法について解説いたします。

はじめに


メルマガアフィリエイトを実践する場合、売上に直結してくるのがメルマガの到達率になります。


最近では、無料メールアドレス(GmailやYahoo!メール等)を利用してメルマガを配信するとかなりの確率で迷惑メール判定をされてしまいます。


そこで、独自ドメインを利用したメールアドレスを作成して、少しでも迷惑メール判定を避けるようにしてあげましょう。


今回はエックスサーバーにおいての独自ドメインを利用したメールアドレスの作成方法について説明したいと思います。


メールアカウントの作成


まずは、メールアカウントの作成作業から行います。


エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、「メールアカウント設定」をクリックしてください。


spf31


メールアカウントを作成するドメインを確認後、「選択する」ボタンをクリックして下さい。


spf32


メールアカウントを新規作成するため、「メールアカウント追加」をクリックしてください。


spf33


メールアカウント作成のための情報を入力します。


  • メールアカウント:
  • 新規に作成したい独自ドメインを利用したメールアカウント情報を入力します。

  • パスワード:
  • メールアカウント用のパスワードを入力します。

  • 容量:
  • メールアカウント用のフォルダ容量を設定します。初期値では300MBとなっています。

  • コメント:
  • メールアカウントの利用方法などを入力します。

入力が完了しましたら、「メールアカウントの作成(確認)」ボタンをクリックしてください。


spf34


メールアカウント情報を確認する画面が表示されますので内容を確認後、「メールアカウントの作成(確定)」ボタンをクリックしてください。


spf35


メールアカウントが作成されたことを示す画面が表示されます。


メールアカウント一覧に作成したアドレスが表示されているかを確認するために、「メールアカウント一覧」タブをクリックしてください。


spf36


一覧の中に作成したメールアカウントがあることを確認して下さい。


spf37


以上で、メールアカウントの作成作業は完了です。


SPF設定情報の確認


続いて、メールアドレスのなりすまし防止技術であるSPF (Sender Policy Framework)の設定を行うための準備作業を行います。


まずSPF設定に必要な情報の確認を行うため、サーバーパネルの画面内にある、「サーバー情報」をクリックしてください。


spf38


サーバー情報に関する画面が表示されますのでその中にある、「IPアドレス」の情報をメモ帳などに保存しておいて下さい。


この後作成するDNSレコードで、赤枠で囲まれたIPアドレス情報を使用します。


spf39


以上で、SPF設定情報の確認作業は完了です。


DNSレコードの作成


次に、SPF情報を設定するためにDNSレコードを新規に作成します。


サーバーパネルにログインし、「DNSレコード設定」をクリックしてください。


spf40


次に、「DNSレコードの追加」をクリックしてください。


spf41


DNSレコード作成のために以下の項目を入力します。


  • ホスト名:
  • 空欄のままで構いません。

  • 種別:
  • 「TXT」を選択してください。

  • 内容:
  • メモしたサーバーのIPアドレスを内容を以下の記述のXXX.XXX.XXX.XXXの部分に入力してしてください。
    (例.v=spf1 +ip4:XXX.XXX.XXX.XXX ~all)

    ※コピーする場合は以下の記述をダブルクリックして選択してご利用ください。
    v=spf1 +ip4:XXX.XXX.XXX.XXX ~all
    

  • 優先度:
  • デフォルトの設定のままで構いません。

入力作業が完了しましたら、「DNSレコードの追加(確認)」ボタンをクリックしてください。


spf43


入力内容を確認後、「DNSレコードの追加(確定)」ボタンをクリックしてください。


spf44


DNSレコードの追加完了画面が表示されます。


作成されたDNSレコードを確認するために、「DNSレコードの一覧」をクリックしてください。


spf45


一覧表示の中に、先ほど作成したDNSレコードがあることを確認して下さい。


spf46


以上で、DNSレコードの作成作業は完了です。


POP3及びSMTPサーバー設定情報の確認


最後に、メールアカウントを外部サービスで利用する際に必要となるPOP3サーバー及びSMTPサーバーの情報確認を行います。


サーバーパネルにログインし、「メールアカウント設定」をクリックしてください。


spf47


設定したいメールアドレスのドメインを確認後、「選択する」ボタンをクリックして下さい。


spf48


メールアカウント設定の画面が表示されますので、「メールソフト設定」をクリックしてください。


spf49


赤枠で囲まれた部分にPOP3及びSMTPサーバーの情報が表示されます。


メールソフトにメールアドレスを登録する際に必要となりますので、メモ帳などに保存しておいて下さい。


spf50


以上で、POP3及びSMTPサーバー設定情報の確認作業は完了です。



コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ