SEOを意識したブログ記事の作成方法(コンテンツ編)

SEO(検索エンジン対策)を意識したブログ記事の作成方法について解説いたします。

はじめに


インターネットビジネスにおいて、必ず関係してくるのが


「検索エンジン」


になります。


日本における検索サイトといえば、


  • 「Yahoo! Japan」
  • 「Google」

の2つが有名ですが、この2つだけで約90%のシェアを占めていると言われています。


さらには、Yahoo! Japanの検索エンジンのベースは、Googleの検索エンジンが使われており、ほぼGoogleのさじ加減で検索結果が決まると言っても過言ではありません。


厳密に言うとYahoo! Japan独自の検索ロジックがあると言われているので全く同じ検索結果にはなりません。


そんなGoogle検索エンジンですが、つい最近も新たなロジック修正が行われたようで検索結果に大幅な動きがありました。


検索エンジンで上位表示させるための手法のことを、


「SEO(Search Engine Optimization)」


と呼びますが以前と比較すると対策手法かなり変化しています。


最近の傾向分析から、検索エンジンに好まれる記事の書き方についてご説明したいと思います。



読者目線でのタイトル及び記事を作成する


以前は、検索エンジンに好まれるタイトルやキーワードの見せ方と読者(人間)に対する見せ方は異なる対策を行っていました。


しかし、検索エンジンのロジックが人間の視点に近くなり、対策の方法に差がなくなってきています。


そのため、今後はより、


「読者視点」


での対策が必要となってきます。


では、どのようにすればよいかというと、


「読者が求めていると思われる情報を適切に提供する」


ということに尽きます。


タイトルと記事の内容が適切であり、記事自体の記述量も豊富である必要があります。


そのため、中身の無い自動投稿ツールなどで楽をして記事を書いていると検索エンジンに嫌われて、あっという間に検索結果から除外されてしまいます。


絶対ではありませんが、このような評価を受けたサイトはもう使いものにならないと考えてよいでしょう。つまり、また一からサイトの作成を行わなければいけない状態になるのです。


このようなことにならないためにも、常に読者目線で情報提供をすることを心がけましょう。



メインサイト内の記事の連携(内部リンク)を重要視する


以前は、自分のメインサイト以外からリンクをたくさんもらうことがSEOでは有効とされてきました。(これを外部リンクと呼びます)


そのため、無料ブログなどを大量に作成し、そのブログからメインのブログに対してリンクを送るということが一般的でした。


しかし、最近ではあまり中身のない外部サイトからリンクを受け取ってもほとんど検索エンジンから評価されなくなってきました。


むしろ、中身のないサイトからのリンクはかえって検索エンジンからは嫌われてしまうという状況になっているのです。


ひどい時には検索エンジン側からペナルティを受けてしまい、検索エンジン結果から除外されてしまいます。


今では中身の無い外部サイトからのリンクを送るよりはメインサイトに記述したブログ記事の内部でリンクを適切に送るほうが有効とみなされています。(これを内部リンクと呼びます)


ブログ記事を作成し、その記事内容を保管する別記事にリンクを付けてあげます。


今後は、メインサイトにおいて記事を書いた場合には、以前書いた記事との連携を取るように心がけましょう。


書き方としては、記事の文章内で、


>> SEOの詳細については「SEOとは?」の記事を参考にしてください。


と言った形で、以前書いた記事へのリンクを付けてあげます。



他人の記述した文章や画像をそのまま盗用することは厳禁


検索エンジンの高性能化に伴い、他人の作成した文章をそのまま引用すると確実にバレます。それどころか、画像ですらそのまま引用したらすぐにバレます。


最近は画像の認識技術も向上し、文字だけでなく画像までオリジナルであるかの判別がされるようになってきています。


検索エンジンで、最も嫌われるのがこの


「他人の記述した文章や画像をそのまま盗用した記事の作成」


になります。


これを行うと、かなりの確率で検索エンジン上から抹殺されます。


それならばということで、よく以下の様な質問を受けます。


  • 語尾を「です。」から「ます。」などに変えれば平気ですか?
  • 半角を全角で修正すればOKですか?
  • 記述の順番を入れ替えれば問題ありませんか?

残念ながらこの程度の変更では別記事とは全くみなされません。


結論から言いますと、


「自分が思いつくレベルの楽な方法で文章を変更した程度では検索エンジンにバレる」


ということです。


検索エンジンは、


「オリジナル記事であるか?」


ということを大変重要視します。


第三のコンテンツの盗用だけは絶対にやらないようにしましょう。



まとめ


検索エンジンのロジックは日々更新されており、今通用しているかもしれない楽と思える手法は、あっという間に攻略されてしまうことでしょう。


あなたが継続して安定して稼ぎたいと思うのであれば、楽な方法を探すのではなく、読者にどれだけ有益と思える情報を提供できるのかという視点を常に持つようにしてください。


あなたは、


「読者のためになる情報を提供する情報発信者」


であり続ける必要があるのです。


有益な情報を適切に発信し続けさえすれば、自ずと検索エンジンが好むコンテンツとなり、勝手に検索エンジンで上位表示されることになっていくのです。


「急がばまわれ」ということですね。


今回の記事で解説した内容を意識して、検索エンジンと上手に付き合っていきましょう。





2 Responses to “SEOを意識したブログ記事の作成方法(コンテンツ編)”

  1. やまてつさん、こんにちは。

    やはりコンテンツの充実が、最善のSEO対策ですね。

    まだ駆け出しですが、「急がば回れ」を肝に銘じて
    頑張りたいと思います。

    応援クリック。

    • やまてつ より:

      コヤジさん、やまてつです。

      応援有り難うございます。


      一昔前以上にコンテンツの充実は重要視されていますね。

      結局、小手先の方法では通用せず、ビジネスの本筋である、

      「顧客のためにどれだけ価値を提供できるか?」

      といった原点に戻るのだと思います。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ