Google Search Consoleの登録及び操作方法

Google Search Console(旧:Googleウェブマスターツール)のインストール方法及び操作方法について解説いたします。

はじめに


アフィリエイトを実践していると、自分の運営しているサイトの検索順位が突然低下したり、原因不明なトラブルが発生して理由がわからなくて途方に暮れることがあります。


そんな時に便利なのが、


「Google Search Console」


になります。


Google Search Consoleにサイトを登録しておくと、


  • インデックス情報
  • クロールの動作状況
  • サイトのパフォーマンス状況
  • サイトに対する警告状況

などを確認することが可能です。


一度アカウント登録をしておけば、簡単に複数サイトを登録できます。


また、それ以外には作成した記事のインデックスを早期に行うための機能も用意されており、SEO的にも大変重要なツールになりますので、必ず利用して欲しいと思います。


サイトの登録方法


Google Search Consoleを利用するためのサイトの登録方法についてご説明いたします。


Google Search Consoleに登録するためには、Googleのアカウントを取得している必要があります。


まだ、Googleアカウントを取得していない場合には、「Gmailの取得方法」の記事を参考にしてください。


まず、以下のサイトにアクセスしてください。


「Google Search Console」



ログイン画面が表示されますので、ログインIDとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックしてください。


gweb01


サイトを登録するための画面が表示されます。


gweb28


あなたの登録したいサイトの情報を入力し、「サイトを追加」ボタンをクリックしてください。


gweb29


すると、サイトの所有権を確認するための画面が表示されます。


まず、赤枠で囲まれた部分をクリックし、HTMLファイルをダウンロードしてください。


gweb04


ダウンロードが完了すると、以下の様なHTMLファイルが保存されます。


gweb05


次に、このHTMLファイルをあなたの登録したいサイトに設置します。


FFFTPやWordPressのメディア機能などを利用して、HTMLファイルをアップロードしてください。


※FFFTPの利用方法については「FFFTPのインストール及び設定作業」の記事を参考にしてください。


HTMLファイルの保存位置は、


「http://あなたの登録したいサイト/xxxx.html」


で表示される場所に保存してください。


gweb06


HTMLファイルの設置作業が完了しましたら、赤枠で囲まれた部分のURLをクリックして下さい。


gweb06-1


正しい位置にHTMLファイルが保存されていれば、以下の様な画面が表示されます。


gweb07


「確認」ボタンをクリックしてください。


gweb08


サイトの確認作業が完了したことを示す画面が表示されます。


「続行」ボタンをクリックしてください。


gweb09


サイトの管理画面が表示されます。


gweb10


なお、HTMLタグを利用したサイト登録方法を利用する場合には、「別の方法」タブをクリックして下さい。


「HTMLタグ」にチェックを入れて、赤枠で囲まれたタグをコピーして設定を行います。


gweb30


以上で、Google Search Consoleのサイト登録作業は完了です。



メール通知の設定作業


Google Search Consoleでは、登録したサイトに対してGoogleから何かしらの問題が発生した場合に警告が通知されます。


警告が来た場合には、登録したメールアドレス宛てで連絡が来るのですが、あらゆる情報について連絡が届くように設定変更を行います。


gweb11


まず、画面の右上にある設定ボタンをクリックし、「ウェブマスターツールの設定」をクリックしてください。


gweb12


タイプの項目をクリックしてください。


gweb13


「すべての問題」を選択してください。


gweb13-1


最後に、「保存」ボタンをクリックしてください。


gweb13-2


設定が変更されました。


gweb13-3


以上で、Google Search Consoleの設定作業は完了です。



サイトマップ登録方法


Googleにあなたのサイトのサイト情報を通知します。


これにより、インデックスされていない記事がGoogleに通知され、検索エンジン結果に表示されるようになります。


まず、サイトマップを登録したいサイトをクリックしてください。


gweb14


左側にあるメニューの「クロール」>「サイトマップ」をクリックしてください。


gweb15


右上にある、「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリックしてください。


gweb16


サイトマップのURLを入力する画面が表示されますので、サイトマップのXMLファイルのある位置を指定してください。


※WordPressでサイトを作成している場合、通常は「sitemap.xml」となります。


入力が完了しましたら、「サイトマップをテスト」ボタンをクリックしてください。


gweb17


テストが完了したことを示す画面が表示されますので、「テスト結果の表示」ボタンをクリックしてください。


gweb18


サイトマップのコンテンツの情報が表示されます。


エラー表示がないことを確認して下さい。


gweb19


テスト結果でエラーが表示されていなければ、再度サイトマップのURLを入力し、「サイトマップを送信」ボタンをクリックしてください。


gweb20


サイトマップが送信されたことを示す画面が表示されます。


「ページを更新する」をクリックしてください。


gweb21


すると、現状のインデックスされているサイトの情報が表示されます。


gweb22


数日経つと、インデックスされていなかった記事も以下の画面のようにインデックスされているはずです。


gweb23


以上で、Google Search Consoleのサイトマップ登録作業は完了です。



サイト情報の確認方法


Google Search Consoleにサイトを登録した後は、サイトに関する情報を確認します。


主に、以下の機能を利用することになります。



サイトのダッシュボード


クロールのエラーが表示されていないかを確認します。


gweb24


クロールの統計情報


あなたのサイトにクローラーが定期的に訪問しているかを確認します。


もし、クローラーが来ていないなどの状況があった場合には何かしらの問題が発生していることになります。


gweb25


セキュリティの問題


あなたのサイトにハッキングなどの不正アクセスなどが行われていないかを確認します。


gweb26


まとめ


Google Search Consoleについてご説明しましたが、これ以外にも多くの機能がありますので、色々と操作をして有効にツールを利用して欲しいと思います。



コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ