WinShotのインストール及び設定方法

WinShotのインストール及び操作方法について解説いたします。

はじめに

アフィリエイトを行っていて、Webサイト上にある画像をキャプチャーすることが数多く発生します。

そのため、効率的に作業できるツールを利用することは大変重要となります。

そこで便利な無料ツールである

「WinShot」

をPCにインストールしておきましょう。

以下に、WinShotのインストール方法及び操作方法についてご説明したいと思います。

WinShotのインストール方法

まず、ソフトウェアをダウンロードするために、以下のURLをクリックしてください。

「WinShot」

すると、以下の様な画面が表示されますので、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

winshot01

ソフトウェアのダウンロードが開始されますので、「ファイルを保存」ボタンをクリックしてください。

winshot02

ソフトウェアのダウンロードが完了すると、アイコンが表示されますので、こちらをダブルクリックしてください。

winshot03

セットアップウィザードが起動します。

「次へ」ボタンをクリックしてください。

winshot04

インストールフォルダの選択画面が表示されますので、特に変更をせずに、「次へ」ボタンをクリックしてください。

winshot05

ショートカット作成に関する画面が表示されますので、特に変更をせずに、「次へ」ボタンをクリックしてください。

winshot06

アイコンの作成場所に関する画面が表示されますので、特に変更をせずに、「次へ」ボタンをクリックしてください。

winshot07

「インストール」ボタンをクリックしてください。

winshot08

インストール作業が開始されます。

インストールが完了すると、以下の様な画面が表示されますので、「終了」ボタンをクリックしてください。

winshot09

デスクトップにWinShotのアイコンが表示されます。

winshot10

以上で、WinShotのインストール作業は完了です。

WinShotの環境設定方法

WinShotは多機能で色々と設定できるのですが、今回の設定では実際に私が使用している環境をご紹介したいと思います。

まず、WinShotを起動してください。

起動すると、タスクバーの中にWinShotのアイコンが表示されますので、こちらを右クリックしてください。

winshot11

すると、アプリケーションの設定一覧が表示されますので、その中にある、「環境設定」を選択してください。

winshot12

基本設定

保存設定欄で、「保存ファイルを毎回指定する」にチェックを入れてください。

マウスカーソルをキャプチャするのチェックを外してください。

保存先を指定できたほうが便利なため設定します。

winshot13

品質/減色

JPEG品質の数値を、「100」にしてください。

これは、JPEGの品質を落とさないようにするために設定します。

winshot14

ホットキー

「JPEGで保存(矩形範囲指定)」を選択し、ホット・キーの項目を「PrintScreen」にチェックを入れてください。

これは、PrintScreenキーを押すとWinShotが即座に起動し、四角の枠でキャプチャーを行いたい範囲を指定するために設定します。

winshot15

「JPEGで保存(アクティブウインドウ)」を選択し、ホット・キーの項目を「Alt + PrintScreen」にチェックを入れてください。

これは、Altキーを押しながらPrintScreenキーを押すとWinShotが即座に起動し、
アクティブになって表示されているウインドウを保存できるようにするために設定します。

winshot17

その他の設定

自動保存の拡張子のJPEGの欄を、「.jpg」に変更してください。

これは、データをサーバーにアップする際に、大文字が自動的に小文字に変換される場合があり、リンク切れなどを起こさないようにするために設定します。

winshot16

最後に、「OK」ボタンをクリックしてください。

以上で、WinShotの環境設定作業は完了です。

コメントを残す

*

  • TeraPadのインストール及び利用方法
  • GOM Playerのインストール及び操作方法
  • LastPassのアカウント登録及び操作方法
  • PDF-XChange Viewerのインストール及び操作方法
  • PrimoPDFのインストール及び操作方法
  • XMedia Recodeのインストール及び操作方法