SEOを意識したブログ記事の作成方法(見出しHタグ編)

ブログの見出し(Hタグ)のSEOを考慮した使用方法について解説いたします。

はじめに


検索エンジンは総じて「まとめてあるブログ記事を好む」という傾向があります。そのため、規則性のない文字が羅列してある記事よりも、まとまりを持った記事のほうが好まれます。


そのまとめ方の最も基本となるものが「見出し(Hタグ)」を適切に使うということになります。



見出しとは


見出しとは、ブログ記事において、


「Hタグで設定された文字」


のことを指します。


検索エンジンは、上記でも述べましたとおり、


「体系的にまとめて表記しているブログ記事を評価する」


という傾向があります。


そのため、体系的にHタグを使用して見出しを付けることでSEO効果が向上します。



Hタグの種類


Hタグには、以下の6種類が存在しています。


  • H1タグ
  • H2タグ
  • H3タグ
  • H4タグ
  • H5タグ
  • H6タグ


通常のブログ記事であれば、H1、H2、H3タグ程度までを利用することになります。



使用時における注意事項


Hタグを使用する場合には、以下の点に注意してください。


  • 数字の小さいHタグから優先的に設定すること
  • それぞれのHタグの内容は異なるものを記述すること


参考までにこの記事の中では、以下のようにHタグが設定されています。


  • H1タグ:SEO 見出しタグ Hタグ 使い方

  • H2タグ:SEOを意識したブログ記事の作成方法(見出しHタグ編)

  • H3タグ:はじめに

  • H3タグ:Hタグの種類

  • H3タグ:使用時における注意事項

  • H3タグ:強調タグは使用しない

  • H3タグ:まとめ


まず、Hタグを使用する際には、Hタグの番号を飛ばして設定するとSEO効果が発揮できません。


そのため、以下の様なHタグの使い方は行わないように注意してください。


H1タグ→H2タグ→H4タグ(H3タグを飛ばして使用している)


また、上記の例にもあるように、Hタグの項目には異なる内容を記述してください。


なぜならば、検索エンジンは、


「重複を非常に嫌う」


からなのです。



強調タグは使用しない


Hタグを使用している場合には、強調タグの<strong>を使用しないでください。


これは、Hタグはすでに強調している文字として検索エンジンに認識されているため、改めて強調タグを使用してしまうと過剰なSEOとみなされてしまうからです。


もし、強調した太い文字をHタグ内で使用する場合には、<strong>タグではなく、<b>タグを使用して下さい。<b>タグは視覚的な強調で使用するタグになりますので、SEOに悪影響を及ぼしません。



まとめ


Hタグを最適に設定することで、あなたの作成した個々の記事の評価が向上し、結果としてサイト全体がSEOに有利となっていきます。


非常に地道な内容と思われるかもしれませんが、この作業を行うだけでも検索エンジンからの評価が高まり、検索結果で上位表示のされる機会が徐々に増えていきます。




コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ