SEOを意識したブログ記事の作成方法(リストタグ編)

リストタグの使用方法について解説いたします。

はじめに


SEO効果向上の一環としてリストタグの使用方法についてご説明いたします。


リストタグを使用する理由


ブログ記事を作成していて、複数の文章をまとめてリスト形式で書くことがあると思います。


例えば、以下のような文章をブログ記事にリスト形式で表記すると仮定します。

「〇〇アフィリエイト」「△△アフィリエイト」「□□アフィリエイト」


まずは、以下の画像をご覧ください。


li01


同じ内容を表記しているのですが、「その1」と「その2」では、HTMLタグの記述方法が異なっています。


◆その1:<li>タグを使用
◆その2:全角の「・」を使用


HTMLのソースを確認すると、以下のようになっています。


li02


<html>
<h3>◆その1</h3>
<ul>
<li>○○アフィリエイト</li>
<li>△△アフィリエイト</li>
<li>□□アフィリエイト</li>
</ul>
<br>
<h3>◆その2</h3>
・○○アフィリエイト<br>
・△△アフィリエイト<br>
・□□アフィリエイト<br>
</html>


実は検索エンジンでは、


「ポイントをまとめて表記する記事を優先的に上位表示させたい」


とされています。


そのため、一見すると2つの表示方法はポイントをまとめて表記しているように感じるかもしれません。


確かに、人間の目からすると両方共ポイントをまとめて記述してあると認識できるのですが、検索エンジンから見ると「その2」の表記方法は、


「単なる文字の羅列」


と判断されてしまうのです。


そこで、検索エンジンに好まれる表記にするためには「その1」のように


「<li>タグを使用して記述」


するのがよいのです。


<ul>タグ


単純なリスト表示では、<ul>タグを使用しましょう。


◆HTML記述例


<ul>
<li>○</li>
<li>△</li>
<li>□</li>
</ul>


<ul>
<li>◯</li>
<li>△</li>
<li>□</li>
</ul>


◆サイト表示例




<ol>タグ


数字でのリスト表示では、<ol>タグを使用しましょう。


◆HTML記述例


<ol>
<li>○</li>
<li>△</li>
<li>□</li>
</ol>


<ol>
<li>○</li>
<li>△</li>
<li>□</li>
</ol>


◆サイト表示例



リストタグを意識したブログ記事を作成することで、検索エンジンの評価の向上を図ることができます。


リストタグが正常に表示されない場合の対応


利用するテンプレートによってはスタイルシートのデザインの関係上、説明した設定を行ってもリスト表示が上記と同様のデザインで表示されない場合があります。


しかしその場合でも、検索エンジンではリストタグを使用していると認識されますのでSEO的には問題ありません。


リストタグが正常に表示されない場合には、使用しているテンプレートによっては専用のデザインが用意されていることがありますので、マニュアルなどを確認して設定を行うようにしてください。




コメントを残す

*

サブコンテンツ

プロフィール

こんにちは、やまてつです。

やまてつ

自分らしい生き方がしたいと思い、脱サラしてネットビジネスで独立を果たしました。

現在は自分の望んだ通りの自由で幸せな人生を歩んでいます。

詳しいプロフィールについてはこちらから。

お問い合わせ

疑問や質問などがございましたら、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

お問い合せ

questionbutton

このページの先頭へ